ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 人権推進課 > 性の多様性への理解を深めるために

性の多様性への理解を深めるために

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2022年7月26日更新 <外部リンク>

最近まで、世の中には「男性」と「女性」二つの性別しかないと認識されてきましたが、実際の性(セクシャリティ)は多様です。そして、個人の尊厳に関わる大切な問題です。姿、価値観、感情などが人によって異なるように、人間の性(セクシャリティ)もたった2つのパターンに分けられるほど単純なものではありません。誰もが自分のセクシャリティを尊重され、自分らしく生きることのできる社会を作っていきましょう。

性的指向

性的指向とは、どのような性別を好きになるか、ということです。これは自分の意志で決めるものというより、多くの場合成長とともに気づくものです。

L・・・Lesbian(レズビアン) 女性の同性愛者(心の性が女性で恋愛対象も女性)

G・・・Gay(ゲイ) 男性の同性愛者(心の性が男性で恋愛対象も男性)

B・・・Bisexual(バイセクシャル) 両性愛者(恋愛対象が女性にも男性にも向いている)

性自認

性自認(性の自己認識)とは、自分の性をどのように認識しているか、ということです。「心の性」と言われることもあります。多くの人は「身体の性」と「心の性」が一致していますが、「身体の性」と「心の性」が一致せず、自身の体に違和を持つ人たちもいます。

T・・・Transgender(トランスジェンダー) 性同一性障害などの性的違和

※ 「L G B T」は代表的な性的少数者の頭文字をとって作られた言葉です。

パートナーシップ宣誓制度について

LGBTなど性的少数者のカップルを公的なパートナーとして認証する「パートナーシップ宣誓制度」を現在複数の自治体が実施しています。
坂戸市では、同性パートナー等の「パートナーシップ公的認証」を求める請願が平成30年9月議会で採択され、令和2年10月1日から「坂戸市パートナーシップ宣誓制度」を実施します。

坂戸市パートナーシップ宣誓制度

啓発用DVDの貸出

企業、学校、団体等の研修等でご利用いただくための啓発用DVDの貸出を行っています。

(1)誰もがその人らしく -LGBT-

  • 時間 20分
  • 説明 この作品は、主人公の周りにいたけれども見えなかったLGBT(性的少数者)の人たちが見えてくるストーリーです。

(2)あなたがあなたらしく生きるために 性的マイノリティと人権

詳しくは、人権・同和教育映画(ビデオ、DVD)の貸出についてをご覧ください。

関連事業

10月を性の多様性への理解を深める期間とし、下記の事業を実施しました。

図書館展示 「LGBTって何だろう?」

  • 期間 令和3年10月1日土曜日~10月28日木曜日 
  • 場所 坂戸中央図書館

図書館展示1図書館設置2

 

 

 

 

 

 

 

 

レインボーフラッグ

6色のレインボーカラーは性の多様性を表す象徴です。市役所窓口及び公民館などにレインボーフラッグを飾りました。

  • 期間 令和3年10月1日土曜日~10月31日日曜日

レインボーフラッグ2

レインボーフラッグ1

 

関連リンク

法務省人権擁護局

多様な性について考えよう!~性的指向と性自認~<外部リンク> 

性的指向及び性自認を理由とする偏見や差別をなくしましょう<外部リンク>

人権啓発ショートムービー「りんごの色~LGBTを知っていますか?~」<外部リンク>

 

 

埼玉県人権・男女共同参画課

LGBTQ(性的マイノリティ)について<外部リンク>

埼玉県性の多様性を尊重した社会づくり条例が施行されました

「埼玉県性の多様性を尊重した社会づくり条例」が令和4年7月8日に公布・施行されました。

この条例は、性の多様性を尊重した社会づくりに関し、基本理念を定め、埼玉県や県民、事業者の責務を明らかにするとともに、その取組を推進し、すべての人の人権が尊重される社会の実現に寄与することを目的としています。

詳しくは、埼玉県ホームページ(https://www.pref.saitama.lg.jp/a0303/lgbtq/jourei.html<外部リンク>)をご覧ください。

問合せ:埼玉県人権・男女共同参画課(電話:048-830-2927)