ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さかど子育て支援メニュー > 坂戸市不育症検査費助成事業

坂戸市不育症検査費助成事業

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

坂戸市では、不育症検査を受けたご夫婦(妻の年齢が43歳未満)に、費用の一部をご夫婦1組につき1回限り、上限2万円を助成します。

対象

  • 申請時に法律上の婚姻をしているご夫婦であって、夫婦の双方または一方が、坂戸市に住所を有すること。
  • 流産、死産若しくは早期新生児死亡のいずれかを合わせて2回以上の既往がある方、または医師が不育症と判断した方。
  • 他の地方公共団体から、同一の不育症検査に対し同種の助成を受けていないこと。
  • 不育症検査開始時の妻の年齢が43歳未満であること。

助成対象検査

夫婦が共に、または妻のみが指定医療機関、または助成対象医療機関で受けた検査で、検査期間の終期が2019年4月1日以降であり、検査開始から終了期間が1年以内の検査

指定医療機関及び助成対象医療機関は、埼玉県のホームページで確認できます。
※指定医療機関:都道府県等の長が指定する特定不妊治療を実施する医療機関<外部リンク>
※助成対象医療機関:埼玉県がホームページで公表する不妊検査を行う医療機関
 (『ウェルカムベイビープロジェクト(こうのとり健診・不育症検査・早期不妊治療)関連事業』<外部リンク>の「こうのとり健診推進事業(早期不妊検査費助成事業)」※2助成対象医療機関をご確認ください。)

助成額及び回数

助成金の額は、助成対象となる不育症検査に係る費用として負担した額の合算(自己負担金額)とし、上限2万円(千円未満は切り捨て)とします。
助成回数は、ご夫婦1組につき1回までです。

申請に必要な書類

坂戸市不育症検査費助成金交付申請書(見本) [PDFファイル/37KB](窓口で記入していただきます。)には、次の書類を添付(1から3)及びお持ちください。

  1. 坂戸市不育症検査費助成金交付に係る実施証明書 [PDFファイル/63KB](指定医療機関等の医師が記入)
  2. 戸籍謄本その他婚姻関係にあることを証する書類(市民健康センターにある同意書を提出することで省略できます。)
  3. 不育症検査に要した費用の領収書の写し
  4. 助成金の振込先となる口座の通帳(確認用)
  5. 印鑑

申請期限

助成対象検査が終了した日から3か月以内

助成金の交付

審査の結果、交付要件に合致している場合は、坂戸市不育症検査費助成金交付決定通知書を郵送し、指定された口座に助成金を振込みます。
交付要件に合致しないなど助成金の交付ができない場合は、その理由を記載した坂戸市不育症検査費助成金不交付決定通知書を郵送します。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)