ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さかど子育て支援メニュー > 子宮頸がん予防接種の積極的な接種勧奨の差し控え

子宮頸がん予防接種の積極的な接種勧奨の差し控え

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

厚生労働省及び埼玉県から、子宮頸がん予防接種の積極的な接種勧奨の差し控えについて勧告がありました。

現在、小学校6年生から高校1年生の女性を対象に予防接種法に基づき実施されているものですが、ワクチンの接種後、持続的な痛みやしびれを訴える副反応等の報告が相次いでいることから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種の積極的な接種勧奨を差し控えることになりました。

今後、厚生労働省においてワクチンと副反応との因果関係を詳しく調べていき、結論を出していくものです。

ただし、定期接種(無料)が中止されたものではありませんので、接種を希望される方は、別紙リーフレットをご覧いただき、この予防接種の効果と副反応等について十分に理解したうえで、接種するようお願いします。

(厚生労働省)子宮頸がんワクチンリーフレット[1383KB pdfファイル]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)