ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さかど子育て支援メニュー > すこやか親子見守り訪問

すこやか親子見守り訪問

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

保健師や助産師、看護師の資格を持つ母子保健推進員が訪問し、相談をお受けします。

妊婦訪問

妊娠や出産について不安・心配のある方に、母子保健推進員が訪問し、ご相談をお受けします。妊娠中で希望の方は、市民健康センターまでご連絡ください。

乳児訪問

4か月未満のお子さんのいるすべての家庭に訪問して、育児等の相談や子育てに関する情報の紹介をします。

対象

4か月未満のお子さんのいるご家庭

内容

育児相談・お子さんやお母さんの健康状態の確認・予防接種・子育て支援に関する情報提供など

訪問方法

生後1か月前後に連絡し、事前に訪問日時等を約束したうえでご自宅に伺います。
出生連絡票に書いていただいた連絡先に、電話をさせていただきます。電話がつながらず、お約束できない場合は、直接お伺いすることがあります。

注意事項

赤ちゃんが生まれたら、出生連絡票(はがき)を以下の方法のいずれかで出してください。
出生連絡票は、妊婦健康診査助成券の最後のページに綴られています。

  1. 市民健康センターに郵送する
  2. 出生届出時に市民課へ提出
  3. 子ども手当て申請時に子育て支援課へ提出

※「出生連絡票」をお持ちでない方は妊婦健康診査・助成券・出生連絡票のページへ

赤ちゃんが生まれたご家庭に「育児相談に来た」などと言って、はじめは育児相談に応じていますが、実際は訪問販売であるケースがありますので、ご注意ください。
母子保健推進員は身分証明書を携帯しています。

未受診者訪問

市の乳幼児健診を受けなかった方で、事前に市民健康センターへ連絡が無かった場合、御自宅を訪問します。お子さんの様子を伺い、発育や育児等について相談をお受けします。