ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

開発行為

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

開発行為について

 都市計画法に基づく開発行為等の許可については、平成16年4月1日から事務の権限委譲により坂戸市で取り扱うこととなりました。
 市街化区域における開発区域面積が500平方メートル以上、市街化調整区域では、面積にかかわらず、開発行為をしようとするときは、原則として開発許可が必要となります。
 開発行為を行おうとする方は、事前に都市計画課開発指導担当にご相談ください。

 ※開発行為 建築物等を建築する目的で行う土地の区画形質のことをいいます。

開発行為事前協議について

 区域面積が500平方メートル以上で行う開発行為で、都市計画法第29条第1項に基づく許可が必要なものは、坂戸市開発行為等協議要綱に基づく事前協議が必要です。

坂戸市開発行為等協議要綱 [PDFファイル/726KB]

開発登録簿の閲覧

 開発登録簿の閲覧は、申請により、その概要を閲覧することができます。

提出書類

開発登録閲覧申請書[Wordファイル/34KB]または開発登録簿写し交付申請書[Wordファイル/32KB]

事務手続

  • 開発登録閲覧申請書または開発登録簿写し交付申請書の提出
  • 開発登録簿写し交付申請書の場合は手数料の納付
  • 開発登録閲覧または開発登録簿写しを発行

注意事項

  1. 開発登録簿写しの交付には、坂戸市手数料条例に基づく手数料(1枚につき520円)が掛かりますのでご了承下さい。
  2. 開発登録簿写しの発行には、多少の時間がかかりますのでご了承下さい。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)