ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工労政課 > 事業所で使用する計量器(はかり)の定期検査

事業所で使用する計量器(はかり)の定期検査

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年5月13日更新 <外部リンク>

令和2年度は計量器 (はかり)の定期検査実施年度です。検査対象となるはかりをご使用の場合は、必ず検査を受けてください。詳しくは、下記をご覧ください。

計量器(はかり)について

商業活動等を公正に行うには、適正な計量が欠かせません。

この適正な計量を行っていただくため、計量法の規定により取引・証明には、検定証印または基準適合証印(あわせて検定証印等と呼ぶ)が付されたはかりを使用しなければならないと定められています。

検定証印とは

検定証印等については、検定証印等について[241KB pdfファイル]をご覧ください。

検査対象となる「はかり」

取引・証明に使用する「はかり(分銅・おもりを含む)」が対象となります。

    検査の対象となる「はかり」の例

  1. 商品の重さを明示するために使用するもの
  2. 原材料の購入・製品の販売出荷のために使用するもの
  3. 食材などの購入のために使用するもの
  4. 貨物・荷物の運賃算出等に使用するもの
  5. 農産物、水産物の売買・出荷のために使用するもの
  6. 薬の調剤用に使用するもの
  7. 廃棄物処理業者などが、処理費用の算定に使用するもの
  8. 自動詰込機(自動はかり)により詰め込んだ商品の重さを最終確認するために使用するもの
  9. 観光農園や農産物直売所において料金算定や量目表記のために使用するもの
  10. 保険所(保健センター)、病院、学校、幼稚園、保育所、産婦人科医院等で法に定められた健康診断(体重測定)に使用するもの

 

    検査の対象でない「はかり」の例

  1. 原材料の配合等に使用するもの
  2. 個人が健康管理のために使用する体重計
  3. 公民館、公衆浴場等に設置された体重計
  4. 郵便物の料金の目安として使用するもの
  5. 試しはかりとして使用するもの(最終的な計量は別のはかりで行う)
  6. 動物病院で治療のために使用するもの
  7. 商品を小分けにするためのもので、重さの明示に使用しないもの
  8. 病院等で処置室や手術室等における施術の管理で使用するもの

定期検査について

取引・証明に使用するはかりは、2年に一度、定期検査を受けることが義務付けられています。

集合検査

・ひょう量250キログラム以下の機械式はかりが対象

日時 令和2年7月20日(月曜日)~22日(水曜日) 午前10時~正午・午後1時~3時

会場 坂戸市文化会館大駐車場(坂戸市薬師町31)

巡回検査

電気式はかりとひょう量250キログラムを超えるはかりが対象

はかりの使用場所で検査します。※日時の指定はできません。

 

※検査にあたっては、事前に調査を行いますのでご協力をお願いいたします。

関連リンク

埼玉県計量検定所<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)