ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍 > 住民票 > 住民票、マイナンバーカード等への旧氏併記
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍 > マイナンバー > 住民票、マイナンバーカード等への旧氏併記

住民票、マイナンバーカード等への旧氏併記

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年1月6日更新 <外部リンク>

令和元年11月5日から、住民票やマイナンバーカード等へ旧氏が記載できるようになりました。
婚姻等で氏に変更があった場合でも、従来称してきた氏をマイナンバーカード等に記載し、公証することができるようになります。
旧氏を記載するためには、戸籍謄本等を添えて、請求手続きが必要です。

  • 総務省パンフレット

住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます!(表面) [PDFファイル/919KB]
住民票とマイナンバーカードに旧姓(旧氏)が併記できます!(裏面) [PDFファイル/440KB]

 

旧氏が記載される主なもの

住民票の写し
印鑑登録証明書
記載事項証明書
マイナンバーカード及び通知カード
署名用電子証明書

受付窓口

市役所市民課窓口
月曜日から金曜日の午前8時半~午後5時15分まで(土日祝日は受付できません。)

手続きに必要なもの

記載したい旧氏から現在までのすべての戸籍謄本等
マイナンバーカードまたは通知カード
本人確認書類
本人及び同一世帯ではない方の請求の場合、委任状及び代理人の本人確認書類

注意事項

旧氏を記載した場合、住民票の写し等には、氏・旧氏の両方が記載されます。
住所地と本籍地が同一の場合でも、戸籍謄本等の添付が必要となり、返却はできません。
住民基本台帳カードには、旧氏の記載はできません。
旧氏の印鑑登録を希望される方は、改めて、印鑑登録が必要になります。

ダウンロード


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)