ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 課税課 > パート収入と税

パート収入と税

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

※平成31年度から適用される「配偶者控除」及び「配偶者特別控除」の見直しについては配偶者控除・配偶者特別控除の見直しをご覧ください。

パートで働く人に対する税

パート・アルバイト収入は、通常、給与所得に分類されます。給与所得とは、必要経費とみなされる給与所得控除額を年収から差し引いた額のことです。税金を計算する際は、そこからさらに社会保険料控除などの所得控除額を差し引いた額に税率をかけることとなります。

パート収入以外にも収入がある場合

パート収入以外に、営業・不動産・年金等の収入がある場合は、それぞれの収入から所得金額を算出し、その所得金額の合計額で税金及び控除等の計算を行います。

※以下、納税義務者を夫、配偶者を妻と仮定して表記しています。

妻の年収で変わる税金(所得税+住民税)の目安 参考

妻の収入

夫の税金

妻の税金

夫婦の税金

夫婦の収入増

0円 ±0 0 ±0 ±0
93万円 ±0 0 ±0 +930,000円
94万円 ±0 5,000円 +5,000円 +935,000円
100万円 ±0 5,000円 +5,000円 +995,000円
103万円 ±0 7,500円 +7,500円 +1,022,500円
110万円 ±0 18,000円 +18,000円 +1,082,000円
120万円 ±0 33,000円 +33,000円 +1,167,000円
130万円 ±0 48,000円 +48,000円 +1,252,000円
155万円 +2,000円 85,500円 +87,500円 +1,462,500円
160万円 +9,000円 93,000円 +102,000円 +1,498,000円
  • 夫の年収500万円、16歳以上の子1人の家庭を想定しています。
  • 夫の税金の増加分は、妻のパート収入が103万円以下で配偶者控除を受けている場合との比較です。
  • 妻の社会保険や夫の会社で支給される「家族手当」等は加味されていません。

妻の給与収入と税金及び夫の配偶者控除・配偶者特別控除の関係 参考

※夫の合計所得金額が900万円(給与収入1,120万円)以下の場合を例にしています

妻のパート収入 夫の所得控除額 妻の税金

参考

妻の社会保険料

配偶者控除 配偶者特別控除
所得税 住民税 所得税 住民税 所得税 住民税
93万円円以下 38万円 33万円 対象外 対象外 非課税 非課税 夫が加入の社会保険により異なります
93万円超100万円以下 均等割5,000円
100万円超103万円以下

課税

所得割

均等割

103万円超150万円以下 対象外 対象外 38万円 33万円 課税
150万円超155万円以下 36万円 33万円
155万円超160万円以下 31万円 31万円
160万円超166万8千円未満 26万円 26万円
166万8千円以上175万2千円満 21万円 21万円
175万2千円以上183万2千円満 16万円 16万円
183万2千円以上190万4千円満 11万円 11万円  
190万4千円以上197万2千円満 6万円 6万円
197万2千円以上201万6千円満 3万円 3万円
201万6千円以上 対象外 対象外

※所得税の計算(概算)(給与収入-103万円)×5%

※住民税所得割の計算(概算)(給与収入-98万円)×10%

※住民税均等割金額 年額5,000円