ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

選挙公営制度

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

 選挙公営制度は、候補者の選挙運動にかかる経費の負担をできるだけ軽減することにより、立候補の機会均等を図るとともに、明るい選挙、正しい政治をめざすものです。

 坂戸市において、現在実施されている選挙公営制度には、次のものがあります。

  1. 選挙運動用ポスターの掲示場について、公費での設置
  2. 選挙公報について、公費での発行
  3. 候補者が選挙運動に使用する自動車の借入れ等の費用について、一定限度額の公費での負担
  4. 選挙運動用ポスター(ポスター掲示場137箇所に1.5を乗じた枚数の範囲内)の作成費用について、一定限度額の公費での負担
  5. 選挙運動用はがき(市議の選挙2,000枚、市長の選挙8,000枚)の郵送料について、公費での負担
  6. 選挙におけるビラ(市議の選挙4,000枚、市長の選挙16,000枚)の作成費用について、公費での負担

    ※市議の選挙運動用ビラの作成は平成31年3月1日以後に告示される選挙から適用。