ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

埋蔵文化財

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

周知の埋蔵文化財包蔵地内における開発行為の取り扱いについて

坂戸市は、およそ1万5000年前の旧石器時代から近世にいたるまで多くの遺跡が確認され、現在152箇所の包蔵地が登録されています。郷土の先人たちが残した遺跡は、歴史や文化を知る上で貴重な文化遺産です。

遺跡は、国民共有の財産として保護するよう「文化財保護法」で明記されており、開発にあたっては、発掘調査に協力することが求められています。

※周知の埋蔵文化財包蔵地 地中や水中に埋もれている遺構(先人の集落跡など)と遺物(土器・石器など)が埋蔵された土地(遺跡)のことをいいます。

埋蔵文化財確認調査の手続きについて

1 確認調査までの概略

  1. 窓口・Fax(049-283-1691)にて開発予定地が包蔵地であるかの確認(以下は包蔵地に該当の場合)
    埼玉県埋蔵文化財インフォメーションシステム<外部リンク>で埋蔵文化財包蔵地のおおよその位置を知ることができますが、詳細は社会教育課へお問い合わせください。
  2. 埋蔵文化財確認調査書類の提出
  3. 1週間から2週間程度で試掘調査を実施
  4. 遺跡が確認された場合は、協議の上発掘調査を実施

埋蔵文化財の発掘調査までの概略[67KB pdfファイル]

2 埋蔵文化財確認調査の提出書類

平成22年4月1日より、提出書類の様式が一部変更になりました。

  1. 埋蔵文化財の有無と取り扱いについて(照会) 1部
    埋蔵文化財包蔵地の開発行為等事前協議書[87KB pdfファイル]
  2. 埋蔵文化財試掘調査承諾書 1部
    埋蔵文化財試掘調査承諾書 [PDFファイル/123KB]
  3. 埋蔵文化財発掘の(届出・通知)について 各2部※両面印刷
  4. 添付書類 各3部
    • 所在地案内図
    • 公図
    • 工事概要図(配置図など)
    • 基礎断面図

3 埋蔵文化財発掘調査の書類

試掘調査で遺構・遺物が発見され、盛土等による保存が不可能な場合は、発掘調査にご協力ください。

埋蔵文化財発掘調査承諾書 [PDFファイル/65KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)