ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

自立支援医療(精神通院)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染症に係る自立支援医療の有効期間延長対応について

 令和2年4月30日付で厚生労働省より発出された事務連絡を受け、以下のとおりとします。

・現在お持ちの自立支援医療(精神通院医療)受給者証の有効期間が令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に満了する方については、更新申請手続きを省略し、満了日を1年間延長します。

・受給者証については、現在交付されている受給者証を引き続きご使用ください。

・現在既に更新申請を受理しているものは、新しい受給者証の発送まで通常とおり行います。

・新規申請、変更申請については、通常とおり申請が必要です。

【埼玉県立精神保健福祉センター】自立支援医療費(精神通院医療)の更新手続きを予定されている方へ [PDFファイル/60KB]

【厚生労働省】児童福祉法施行規則等の一部を改正する省令の公布及び施行について [PDFファイル/262KB]

令和2年4月30日付け省令改正における自立支援医療の申請等の取扱いについてのQ&A(令和2年5月8日時点) [PDFファイル/50KB]

新型コロナウィルス感染症の拡大防止の観点から、郵送により申請を受け付けております。

郵送による手続き及び申請書類について、事前に障害者福祉課にお問合せください。

精神通院医療の対象となる方

 精神疾患の通院医療を受けている方

援護の内容

 自己負担を公費で負担し、本人負担額を1割に軽減します(院外薬局にかかる薬代、訪問看護やデイケアなどの費用も含む)。なお、世帯の所得状況に応じて、負担上限額が設定されます。

手続きの方法

 次のものをお持ちのうえ申請してください。

  • 医師の意見書(所定の様式)
  • 印鑑(認印可)
  • 健康保険証(写し可)
    ※ 本人のもののほか、国民健康保険の場合、同一世帯の方全員のもの、その他の健康保険の場合、健康保険等加入者のもの(被保険者)が必要です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)