ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > こども支援課 > こどもまんなかアクション

こどもまんなかアクション

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2023年11月1日更新 <外部リンク>

こどもまんなかアクションを進めていきます。

ポスター
坂戸市はこども家庭庁が呼び掛けている「こどもまんなか宣言」の趣旨に賛同し、「こどもまんなか応援サポーター」に就任しました。
※こどもまんなか応援サポーターとは
こども家庭庁では、こどもたちのために何がもっともよいことかを常に考え、こどもたちが健やかで幸せに成長できるような社会を実現するという「こどもまんなか宣言」の趣旨に賛同し、その取り組みを応援し、自らもアクションに取り組む個人、団体、企業、自治体等のことを「こどもまんなか応援サポーター」と位置付けることとしています。
坂戸市では、これまでもこどもの利益を第一に考え取り組みを実践してきました。引き続き「住みつづけたいまち 子育てしたいまち さかど」の実現に向けてさまざまな「こどもまんなかアクション」を進めていきます。
さかろんイラスト

代表的なこどもまんなかアクション

 
事業名 事業概要 所管課名
誕生祝いメモリアル事業 出生届を提出した際に、さかろんグッズを記念品として贈呈 市民課
児童扶養手当受給者等支援事業 ひとり親世帯・就学援助世帯へのお米配布 こども支援課
子育て応援事業 未就学児の保護者へ市民バス特別乗車証を交付 こども支援課
予防接種実施事業 6か月~中学3年生までの方及び高齢者(原則65歳以上)のインフルエンザ予防接種費用を補助 市民健康センター
子育て世帯を支援するリユース(再利用)事業 子育て世帯を支援するため、不要となったこども用品を引取り、無料で提供 西清掃センター
住宅対策事業 住宅の改修や建替えをして親世代と子世代が同居を開始した場合に、費用の一部を補助(中学生以下のこどもを扶養している場合加算あり)最大100万円 住宅政策課
親世代と市内で近居するために子世代が住宅を取得した場合に、住宅取得費用の一部を補助(中学生以下のこどもを扶養している場合加算あり)最大80万円 住宅政策課
学校給食費補助事業 小中学校全校で自校調理方式を採用し、美味しい給食を無償で提供。また、私立等に通っている児童生徒に対しても補助を実施 教育総務課
英語指導推進事業 すべての中学生に年1回実用英語技能検定を受験する機会を設け、その受験料を市が負担 学校教育課
不登校解消事業 いじめ防止のために弁護士への直接相談体制を確立 学校教育課
体力向上推進事業 小学校の水泳授業、中学校の柔道授業に専門的な技術を持つ講師を派遣 学校教育課
児童生徒安全対策事業

新中学1年生にヘルメットを配布

学校教育課