ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

猫について

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年4月26日更新 <外部リンク>

現在市には、猫によるふん尿、悪臭、車やその他の器物損壊、ごみあさりや夜鳴きによる生活環境悪化の相談が多く寄せられています。

猫は、「飼い猫」と「飼い主のいない野良猫」が存在します。

野良猫は、心無い飼い主に捨てられてしまった、飼い猫が迷子になってしまった、不妊手術をしていない猫が子猫を産んでしまったなどの理由により、増えていきます。

また、飼い猫でも外に自由に出られる放し飼いの状態では、野良猫と同様に生活環境悪化を招く恐れがあります。

市では、このような生活環境が悪化する問題を解決するため、猫の正しい飼い方を啓発しています。

猫の区別

まちで生きている猫は、便宜上次のように区別することができます。

猫の区分

猫の飼い主さんへ

猫の飼い主さんは次のマナーを守り、動物も人間も快適に暮らせるまちにしましょう。

屋内飼育

猫は家の中で飼うことが奨励されています。放し飼いによる交通事故やふん尿問題、感染症の危険から守るために、屋内で飼育しましょう。

身元の表示

首輪や名札、マイクロチップなど、猫の飼い主が分かるようなものを装着しましょう。屋内で生活している猫でも、外に出てしまった場合や災害時等に備えて身元の表示は必要です。

不妊手術

猫は1年に3回妊娠し、1回に5匹の子猫を産むといわれています。飼い主の責任において、適切に子猫を飼えるか確実に譲渡できる場合以外は不妊手術を行いましょう。

終生飼養

猫も病気になったり、年もとります。愛情をもって一生涯世話をしましょう。

愛護動物をみだりに殺傷したり、捨てることは禁止されています。

絶対に行わないでください。

飼い主のいない野良猫へ餌をあげている人へ

お腹を空かせた猫たちに餌を与えたくなる気持ちはよく理解できます。しかし、一方で猫が集まるのを迷惑だと思っている人がいるのも事実です。

餌やりだけをして、ふんの処理等をせずに放っておけば虫も湧き、周辺の住環境も悪くなってしまいます。

飼い主不明の猫に給餌する方は、近隣の理解を得た上で以下のルールを守り、愛情と同じだけの責任を持って猫に接してあげてください。

  • 決まった時間に給餌する。
  • 周辺住民の迷惑にならない場所で給餌する。
  • 給餌後はすぐに片付け、清掃する。
  • 不妊手術を行い、猫が増えない努力をする。
  • ふん害等の苦情については、給餌した結果として責任を持って対応する。
  • トイレのしつけをする。

公益財団法人どうぶつ基金 さくらねこ無料不妊手術事業(行政枠)

こちらのページをご覧ください。

猫が寄り付いて困っている人へ

猫が庭や花壇、畑に入り込み排泄をしていくのは、周辺のどの場所よりも、そこが猫にとって快適な環境だからです。

猫を寄せ付けたくない場合には、猫が不快だと思うような環境づくりが必要になってきます。

猫が嫌う匂いが出るものを、猫が寄り付いてくる庭等に撒いてみましょう。

  • 猫が嫌う匂い
  • 漂白剤
  • コーヒーかす
  • どくだみ茶の茶殻
  • 食用酢
  • みかん等かんきつ類の皮
  • 米のとぎ汁
  • 市販の忌避剤

人間と同じように猫も個々に差がありますので、必ずしもすぐに効果が得られるとは限りませんが、上記のものを定期的かつ長期的に散布してみてください。

猫に関する相談先

埼玉県 動物指導センター本所

住所:熊谷市板井123

電話:048‐536‐2465

もしくは環境政策課へ