ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

焼却灰等の放射性物質の検査結果

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年6月2日更新 <外部リンク>

焼却灰(燃やしたごみの燃えがら)及び飛灰(ろ過式集じん機で捕集した排ガスに含まれるダスト)の放射性物質の検査を実施しました。

  • 測定方法:「放射能測定法シリーズ7ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」(平成4年改訂文部科学省)に準拠
  • 検査機関:株式会社環境総合研究所
  • 測定機器:セイコーEG&G(株)製ゲルマニウム半導体検出器(検出部:GEM20P4-70)
  • 測定単位:Bq(ベクレル)/kg
  • その他:放射性セシウム合計値は、測定結果が不検出の場合、検出下限値を合算しています。

採取日:令和2年4月10日
測定日:令和2年4月13日

検体 放射性ヨウ素131 放射性セシウム134 放射性セシウム137 放射性セシウム合計
焼却灰 不検出 不検出 11.9 18
飛灰 不検出 不検出 161 190

採取日:令和2年5月21日
測定日:令和2年5月22日(焼却灰)、令和2年5月21日(飛灰)

検体 放射性ヨウ素131 放射性セシウム134 放射性セシウム137 放射性セシウム合計
焼却灰 不検出 不検出 20.3 29
飛灰 不検出 不検出 177 200

※「不検出」とは、測定限界値より低い濃度のため検出されないという意味です。
※放射性セシウム合計数値は、有効数字2桁で算出(3桁目を四捨五入)。
環境省が示している一般廃棄物最終処分場に埋立処分できる基準は8000Bq/kg以下です。

過去の焼却灰等の放射性物質の検査結果

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)