ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境政策課 > 浸水・破損した太陽光発電設備による感電にご注意ください

浸水・破損した太陽光発電設備による感電にご注意ください

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年10月18日更新 <外部リンク>

浸水・破損した太陽光発電設備について

 台風による大雨や、局地的な豪雨により、太陽光発電設備が浸水・破損などの被害を受けることがあります。太陽光発電設備は、浸水・破損した場合であっても光が当たれば発電することが可能であり、接近又は接触すると感電する恐れがあります。このため、浸水・破損した太陽光発電設備には、むやみに近づかないよう十分にご注意ください。

(参考)太陽光発電設備による感電の防止について(図解) [PDFファイル/703KB]

太陽光発電設備の所有者の方へ

太陽光発電設備に浸水・破損などの被害が生じた場合は、設備の販売・施工業者に連絡し適切な処理を依頼してください。

関連リンク

経済産業省「水没した太陽電池発電設備による感電防止についてのお願い(周知)」(外部サイト)<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)