ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 坂戸市立市民健康センター > 【検診】子宮頸がん検診(個別検診)

【検診】子宮頸がん検診(個別検診)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年4月1日更新 <外部リンク>

子宮頸がんにかかる人は女性のがんの中でも比較的多く、また30から40歳代の女性で近年増加傾向にあります。大切な命を守るために、20歳以上の女性は2年に1度定期的に検診を受けましょう。

2年に1回の検診です。
受診に当たっては、必ず共通事項をご確認ください。

対象者

20歳以上(平成13年3月31日以前の生まれ)で令和元年度に市の子宮頸がん検診を受けていない女性の方

実施期間

令和2年8月1日(土曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで
※休診日を除く
※1月は大変混雑し、受診できない場合がありますので、12月までの受診をお勧めします。

実施医療機関

令和2年度坂戸市成人健(検)診実施医療機関一覧(坂戸・鶴ヶ島) [PDFファイル/180KB]

検診内容

内診、細胞診

自己負担金額

1,200円(実施医療機関にてお支払いください)
※生活保護世帯、中国残留邦人等支援給付制度適用の方は、費用が無料になりますので、健(検)診の申し込み時にお問い合わせください。
※非課税世帯の方は、事前の申請により費用が無料になりますので、市民健康センターへお問い合わせください。

申し込み

令和2年5月25日(月曜日)午前8時30分から、電話・Fax・電子申請にて受付

注意事項

  • 月経中、妊娠中、子宮全摘出術を受けた方は受診できない場合もありますので、医師にご相談ください。
  • 検診に最も良い期間は、排卵日の3日から4日後から月経前です。
  • 検診の4日から5日前から性交と膣洗浄は、避けてください。
  • 検診後は、少量の出血が数日続く場合がありますので、当日は生理用品をお持ちください。
    なお、検診後体調に異常が生じた場合は、受診した医療機関に御相談ください。
  • エコー検査や子宮体がん検査等を希望する場合は、自己負担になりますのでご了承ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)