ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 坂戸市立市民健康センター > 風しんワクチンの接種費用を助成中

風しんワクチンの接種費用を助成中

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年1月2日更新 <外部リンク>

妊娠した女性が風しんに感染すると、先天性風しん症候群(白内障、心疾患、難聴などを主症状とする病気)の赤ちゃんが生まれる可能性があるため、市では風しん予防接種費用の一部助成をしています。

風しんワクチン接種費用を助成[PDFファイル/218KB]

対象者

次の1と2のいずれかに該当し、風しんウイルス抗体検査の結果、風しん抗体価が低い(※)と判明した方(ただし、接種日に坂戸市民の方)

  1. 妊娠を希望する16歳以上50歳未満の女性とその夫(事実婚を含む)
  2. 妊婦健診の結果、抗体価が低い(※)と判明した妊婦の夫(事実婚を含む)及び同居の家族

※「抗体価が低い」の基準については、上記PDFファイル「風しんワクチン接種費用を助成(チラシ)」中段に記載されている助成早見表をご覧ください。

※平成30年4月1日以後に風しんワクチンを接種し、上記の要件に該当する方も助成対象です。

助成金額

麻しん風しん混合ワクチン 5,000円

風しん単抗原ワクチン 3,000円

※生活保護世帯及び中国残留邦人等支援給付制度適用の方は全額助成(上限10,000円)

助成回数

1人1回

助成方法

予防接種を受け、接種費用を医療機関でお支払いください。接種後に次の1から9の書類をお持ちになって、市民健康センターで申請の手続きをしてください。

※申請は接種後3か月以内に行ってください。

(平成30年4月1日から平成30年11月14日までに接種された方の申請期限は平成31年2月14日まで)

  1. 坂戸市風しんワクチン接種交付申請書
  2. 風しんウイルス抗体検査結果の写し
  3. 接種接種済証明書の写し
  4. 領収書の写し
  5. 母子手帳の写し(妊婦の夫及び妊婦と同居している方に限ります。)
  6. 印鑑
  7. 振込先の口座番号が分かるもの
  8. 生活保護の方は、受給証
  9. 中国残留邦人等支援給付制度適用の方は本人確認証

申請書類

申請者が20歳以上または20歳以下で婚姻されている方

申請者が上記以外の方(助成金の交付対象は保護者)

実施医療機関

予防接種・抗体検査実施医療機関[PDFファイル/161KB]

注意事項

妊娠している方は風しん予防接種はできません。

女性が接種した場合は、接種後2から3か月は妊娠できません。

大人の風しん予防接種は、予防接種法に基づかない任意接種となります。

予防接種の効果や副反応などを接種医と相談のうえ、接種してください。

さかろんのイラスト

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)