ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

税を考える週間

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年11月1日更新 <外部リンク>

毎年11月11日から17日までは「税を考える週間」です。

 国税庁では、日頃から国民各層及び納税者の皆さんに租税の意義、役割や税務行政の現状について、より深く理解してもらい、自発的かつ適正に納税義務を履行していただくために、納税意識の向上に向けた施策を行っています。

 特に、毎年11月11日から11月17日までの1週間を「税を考える週間」とし、この期間を中心に様々な広報広聴施策を実施するとともに、税務行政に対する御意見や御要望をお寄せいただく機会としています。

 令和元年度の「税を考える週間」では、「くらしを支える税」をテーマとし、国民の皆さんに国民生活と税の関わりを理解してもらうことにより、国民各層の納税意識の向上を図ることとしています。

 詳しくは、国税庁ホームページを御覧ください。下のリンク用バナーをクリックしていただきますと、「国税庁の取組紹介」のページに移動します(別ウィンドウ)。

国税庁の取組紹介ページへのリンク用バナー<外部リンク>

地方税

 地方税共同機構において、「つなぐつながる地方税」というテーマを設定し、地方税についてもこの週間を活用した広報を実施することとしています。