ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 人権・男女平等・外国人 > 人権啓発 > 新型コロナウイルス感染症に関連しての誤解・偏見による不当な差別等

新型コロナウイルス感染症に関連しての誤解・偏見による不当な差別等

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2021年2月22日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に関連して、感染者やそのご家族・濃厚接触者・医療従事者等に対する誤解・偏見による不当な差別等を行うことは許されません。

市民の皆さまにおかれましては、公的機関の提供する正確な情報に基づいて、人権に配慮した行動をお願いします。

また、法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害にあった方からの人権相談を受け付けています。困ったときは、一人で悩まず、相談してください。

関連リンク(人権相談窓口)

法務省 「新型コロナウイルス感染症に関連して-不当な差別や偏見をなくしましょう-」<外部リンク>

埼玉県 「新型コロナウイルス感染症に関連する人権への配慮について」<外部リンク>

 


 

新型コロナウイルス感染症に関する様々な差別的な取扱いが報告されています。こうした偏見や差別は決して許されません。

事例

  • 感染したことを理由に解雇される
  • 回復しているのに出社を拒否される
  • 病院で感染者が出たことを理由に、子どもの保育園等の利用を拒否される
  • 感染者が発生した学校の学生やその家族に対して来店を拒否する
  • 感染者個人の名前や行動を特定し、SNS等で公表・非難する

 


 

新型コロナウイルス感染症に関連する差別的取扱いの防止について 

- 新型インフルエンザ等対策特別措置法 -

令和3年2月3日、「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」が成立し、新型インフルエンザ等患者等(注1)に対する差別的取扱い等(注2)の防止に係る国及び地方公共団体の責務(相談支援や啓発など)が定められました。

(注1)
新型インフルエンザ等の患者及び医療従事者並びにこれらの者の家族その他のこれらの者と同一の集団に属する者をいいます。

(注2)
ア 新型インフルエンザ等患者等であること又は新型インフルエンザ等患者等であったことを理由とする不当な差別的取扱い
イ 新型インフルエンザ等患者等の名誉又は信用を毀損する行為
ウ ア、イのほか、新型インフルエンザ等患者等の権利利益を侵害する行為 をいいます。