ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 環境学館いずみ > 廃食油リサイクル粉石けんづくり

廃食油リサイクル粉石けんづくり

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

いずみの粉石けんはどんな石けん?

廃食油を固めて捨てると・・・

廃食油は固めて捨てる場合、燃やせるゴミに出します。

ゴミに出すことでゴミの量が増えてしまいます。

このゴミを燃やすと地球を暖めてしまうCO2(二酸化炭素)を発生させ、地球温暖化の原因になります。

廃食油を川や台所から流してしまうと・・・

 廃食油500mlを川に流したとき、魚が棲める水にするためには、300リットルの風呂の浴槽で約500杯の水が必要になります。

環境学館いずみの粉石けんは・・・

坂戸市の学校給食で使われた廃食油をリサイクルして作っています。食用油を原料にしているので、分解性に優れており、環境にやさしく安全です。

いずみの粉石けんは、「汚れ落ちが良い!」と評判です。蛍光剤は入っていないので、素材本来の色合いに仕上がります。

粉せっけんづくりの講習に参加していただくと、粉せっけんを2kgお持ち帰りいただけます。ぜひ、参加してみませんか。

<用途>

洗濯、換気扇、ガスレンジなどのがんこな油汚れ落とし、タイヤ洗い、上ばきの汚れ落とし(つけ置きしておくと良く落ちます。)等

日時

毎月1回(8月を除く)午前9時から午後2時30分まで

場所

環境学館いずみ

活動風景

苛性ソーダを水に溶かしている写真
準備の様子

廃食油に苛性ソーダを注ぎ入れている写真
苛性ソーダを加えている様子

廃食油にソーダ灰を加えている写真
ソーダ灰を加えている様子

撹拌している写真
撹拌の様子

粉砕作業の写真
粉砕作業の様子

片付けの写真
片付けの様子

坂戸市環境学館いずみ(環境政策課)

電話番号:049-284-7115
E-mail:sakado44@city.sakado.lg.jp