ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 選挙管理委員会 > 参議院議員通常選挙に伴うポスター掲示の規制

参議院議員通常選挙に伴うポスター掲示の規制

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年12月12日更新 <外部リンク>

平成31年執行予定の参議院議員通常選挙(任期満了日平成31年7月28日)に伴い、公職の候補者等の氏名(類推事項を含む。)または後援団体の名称を表示した政治活動用ポスターを選挙区内に掲示すること(既に掲示されているポスターは、引き続き掲示しておくこと)が投票日までの間禁止されています(政党の政治活動用ポスター等、一部を除く。)。

規制を受ける政治活動用ポスターについて

  1. 公職の候補者または公職の候補者になろうとする方(公職にある方を含む。)の政治活動のために使用されるポスターで、その公職の候補者等の氏名または氏名が類推されるような事項を表示するもの
  2. 後援団体の政治活動のために使用されるポスターで、その後援団体の名称を表示するもの

これに違反して掲示したポスターは公職選挙法により撤去命令の対象となり、命令に従わなかった者は処罰されます。

なお、政治活動に関するポスターや看板等に対するいたずらについても、刑法や公職選挙法により処罰されます。

詳しくは、選挙管理委員会までお問い合わせください。