ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 施設管理課 > 坂戸市の入札制度

坂戸市の入札制度

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年7月1日更新 <外部リンク>

このページでは、坂戸市が採用している入札制度についてご案内いたします。

坂戸市の入札制度

坂戸市では、次のとおり入札・契約制度を運用しております。

1 契約の方法

(1) 制限付一般競争入札(事後審査方式)

建設工事で、設計額が3,000万円以上の工事のうち、施工内容、難易度、特殊性等を総合的に判断して対象工事を選定します。参加資格要件は、工事の状況に応じて、業種、地域、格付け、資格審査数値、技術者の状況その他の条件を設定します。ダイレクト方式の入札で行い、入札参加資格審査は入札後に行います。

(2) 指名競争入札

通常型指名競争入札一般的な指名競争入札で、指名された者が入札に参加することができます。坂戸市では、最も多い入札方法です。

(3) 随意契約

一般競争入札、指名競争入札に適さない場合や、契約の種類に応じて一定の金額以下の少額の契約は随意契約の方法によります。

2 落札方法の例外

(1) 最低制限価格制度

坂戸市では、確実な履行の確保を図る観点から「最低制限価格制度」を導入しております。設定基準は、次のとおりです。

※令和元年7月1日改正後の設定基準は、同日以降に指名通知又は公告する案件から適用します。

 建設工事(令和元年7月1日改正)

対象

設計金額が130万円超の入札

計算方法

予定価格算出の基礎となった下記の額に消費税及び地方消費税相当額を加算した額。ただし、その額が予定価格に10分の9.2を乗じて得た額を超える場合にあっては10分の9.2を乗じて得た額とし、予定価格に10分の7.5を乗じて得た額に満たない場合にあっては10分の7.5を乗じて得た額とします。

直接工事費×0.97+共通仮設費×0.9+現場管理費×0.9+一般管理費×0.55

※算出にあたっては、上記計算式の額を合計した段階で千円未満の端数は切り捨て、端数整理後の額に消費税及び地方消費税相当税率を乗じることとします。

※特別なものにあっては、上記の方法にかかわらず、契約ごとに10分の7.5から10分の9.2の範囲内で入札執行者の定める割合を予定価格に乗じて得た額とします。

 業務委託(令和元年7月1日改正)

対象

設計金額が50万円超の設計・調査・測量業務の入札

計算方法

別表 [PDFファイル/100KB]に掲げるそれぞれの業種区分ごとに、予定価格算出の基礎となった同表に掲げる(1)から(4)の合計額に消費税及び地方消費税相当額を加算した額。

ただし、その額が予定価格に10分の8を乗じて得た額を超える場合にあっては10分の8を乗じて得た額とし、予定価格に10分の6を乗じて得た額に満たない場合にあっては10分の6を乗じて得た額とします。

なお、測量業務については、その額が予定価格に10分の8.2を乗じて得た額を超える場合にあっては10分の8.2を乗じて得た額とし、予定価格に10分の6を乗じて得た額に満たない場合にあっては10分の6を乗じて得た額とします。

また、地質調査業務については、その額が予定価格に10分の8.5を乗じて得た額を超える場合にあっては10分の8.5を乗じて得た額とし、予定価格に3分の2を乗じて得た額に満たない場合にあっては3分の2を乗じて得た額とします。

※算出にあたっては、別表に掲げる(1)から(4)の額を合計した段階で千円未満の端数は切り捨て、端数整理後の額に消費税及び地方消費税相当税率を乗じることとします。

※特別なものにあっては、上記の方法にかかわらず、契約ごとに10分の6から10分の8まで(測量業務にあっては10分の6から10分の8.2、地質調査業務にあっては3分の2から10分の8.5まで)の範囲内で入札執行者の定める割合を予定価格に乗じて得た額とします。

(2) 低入札調査制度

坂戸市では、低入札調査基準価格の審査が困難なことから、ダンピング防止の実効を得るため、最低制限価格制度を導入しておりますので、現在、この制度は導入しておりません。

(3) 総合評価方式

公共工事の品質確保の促進に関する法律(平成17年法律第18号)に基づき、価格以外の技術評価を含め、市にとって価格と品質が最も有利な者を落札者とする制度です。

坂戸市では平成19年度から試行導入を開始いたしました。試行にあたっては、技術評価基準の作成、学識経験者の意見聴取、契約までに時間を要するなど今後の課題がありますので引続き導入に向けた検討を継続します。

3 前金払い制度

設計金額が130万円を超える建設工事及び請負代金額が50万円以上の建設工事に関する設計、調査、測量業務に対して、契約時に請負金額の40%(設計・調査・測量業務の場合は30%)以内の金額、中間時に請負金額の20%(設計・調査・測量業務の場合は適用無し)以内の金額(いずれも1万円未満切捨て)を前払金として請求することができます。前払金の請求には、前払い保証会社の保証が必要です。

4 電子入札

坂戸市では、入札手続の透明性と事務効率の向上を図るため、「埼玉県電子入札共同システム」に参加しています。電子入札の対象は、「建設工事」、「設計・調査・測量」、「土木施設維持管理」の各業種です。

平成20年7月1日以降は、上記業務は電子入札を全面導入しました。

詳しくは、電子入札のページをご覧ください。

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)