ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第2回坂戸のまつりの開催中止

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年6月24日更新 <外部リンク>

※令和2年9月27日(日曜日)に開催を予定していた第2回坂戸のまつりは、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

第2回坂戸のまつり(中止)

開催日

令和2年9月27日(日曜日)

会場

坂戸市文化会館およびその周辺路上等

内容

  1. 神楽、囃子、獅子舞、くどき及び太鼓等の上演
  2. 山車の曳き廻し・居囃子、神輿の練り歩き・展示
  3. 飲食物・産直野菜・手作り品等の販売店舗の設置

ギャラリー

【昼のまつり】

坂戸のまつりはステージから始まります。神楽囃子獅子舞くどき太鼓等の上演が行われ、市内各地域の伝統芸能を座って堪能することできます。

ステージ(入西くどき)

ステージ終了後、文化会館前で山車が整列し、1団体ずつ演奏して挨拶をするお囃子紹介が始まります。お囃子紹介が終わると、山車の曳き廻し神輿の練り歩きが始まり、曳き手担ぎ手の威勢のいい声が町中に響き渡ります。また、山車や神輿だけでなく、櫓(やぐら)を組んで演奏する居囃子も、祭りの音色を絶やさない大切な存在です。

お囃子紹介 山車の曳き廻し

祭りといえば、欠かせないのは出店です。まつり会場内では、飲食物や産直野菜、手作り品といったお店が出店しています。神輿の展示スペースもありますので、山車や神輿、屋外ステージといった祭りの雰囲気とともに、いろいろなお店をお楽しみください。

出店 神輿の展示

【夜のまつり】

夕焼けごろから、山車の提灯や出店の灯りが点きはじめ、まつりは昼とは全く違った顔を覗かせます。灯りを点けた山車が、列をなして一か所に集まり輪を作ると、まつりのクライマックス「夜の合同曳っかわせ」が始まります。すべての山車が一斉に演奏し、他の山車に負けまいと強く奏で、ぶつかり重なり合うその音色は、まさしく圧巻です。

市長も泣かせたという夜の合同曳っかわせ…一度、味わってみてはいかがでしょうか。

 夜の合同曳っかわせ

リーフレット(前回)

リーフレット外面 [PDFファイル/4.65MB]

リーフレット中面 [PDFファイル/1.86MB]

動画

前回の坂戸のまつりの様子は、YouTubeの坂戸市公式チャンネルにて公開しております。

ぜひ、ご覧ください。

Googleカレンダーに登録する<外部リンク> Yahooカレンダーに登録する<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)