ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 住宅政策課 > 台風19号で住宅に被害を受けられた方へ

台風19号で住宅に被害を受けられた方へ

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年11月8日更新 <外部リンク>

住宅応急修理制度のご案内

住宅の応急修理制度とは

応急修理制度とは、市が59万5千円(一部損壊(準半壊)は30万円)を限度として費用を負担し、日常生活に必要最小限度の部分を応急的に修理することで、元の住宅に引き続き住むことを目的とした制度です。
制度を受けるにはいくつかの要件があります。

制度の対象となる方

(1)以下の条件をすべて満たす方(世帯)

  1. 住宅が大規模半壊・半壊・一部損壊(準半壊)の被害を受けた方
  2. 修理した住宅での生活が可能であると見込まれる方

(2)所得等の要件

  1. 半壊及び一部損壊(準半壊)の場合は、資力に関する申出書を提出してください
    ※大規模半壊の場合は所得要件無し

制度の対象となる修理の範囲

壁・床など日常生活になくてはならない部分で緊急を要するもの。
※台風の被害と直接関係がある修理が対象となります。
※仕上げ材(壁紙やフローリング材)のみや、家電製品は原則として対象外となります。

費用の限度額

  • 大規模半壊及び半壊は、1世帯あたり限度額59万5千円(消費税込)
  • 一部損壊(準半壊)は、1世帯あたり限度額30万円(消費税込)

※申請者への支払いはせず、市が直接施工業者へ支払います。
※限度額を超えた分は自己負担となります。
※応急修理制度の対象とならない修理分は自己負担となります。

修理の期間

令和元年12月11日までに工事を完了してください。
※当初の期限から1か月延長することが決定されました。
※さらに延長になる場合には、ホームページ等でお知らせします。

施工業者について

以下の一覧または外部リンクのサイトから施工業者を選んでいただき、見積書の作成を依頼してください。

応急修理施工業者一覧(11月11日現在) [PDFファイル/208KB]

「住まい再建事業者検索サイト」(外部リンク)<外部リンク>

※上記に登録がない施工業者に依頼する場合は、あらかじめ窓口にてご相談ください。

受付場所・受付時間

坂戸市役所 住宅政策課(本庁舎2階)
午前8時30分から午後5時15分まで
※土・日・祝日は除く。

手続きの流れ

手続きの流れ 
台風19号で住宅に被害を受けた方へ 【チラシ】 [PDFファイル/92KB]

提出書類

リンク先

窓口開設について

業者向けページ

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)