ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 高齢者福祉課 > 台風第19号により被災した介護保険被保険者の方の減免

台風第19号により被災した介護保険被保険者の方の減免

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年12月2日更新 <外部リンク>

介護保険料の減免

台風第19号により被災された介護保険被保険者の方は、申請していただくことにより、介護保険料を減免します。

対象者

住宅が全壊・大規模半壊・半壊・床上浸水した被保険者

減免割合

住宅が大規模半壊・半壊・床上浸水した被保険者については、対象となる介護保険料の4分の3(被保険者本人の平成30年中の合計所得金額が500万円を超える場合は4分の2)を減免します。

また、住宅が全壊した被保険者については、対象となる介護保険料を全額減免します。

対象となる介護保険料

令和元年度分の保険料であって、災害救助法が適用された日(令和元年10月12日)から令和2年3月31日までの間に普通徴収の納期限が設定されている保険料又は同期間に特別徴収される保険料

必要な書類

1 介護保険料減額(免除)・徴収猶予申請書

2 り災証明書

介護保険料減額(免除)・徴収猶予申請書 [PDFファイル/81KB]

介護サービス利用料の減免

台風第19号により被災された介護保険被保険者の方は、担当のケアマネジャー及び介護サービス事業所に申告をすることで、介護サービス利用料の支払いが不要となります。

また、併せて申請をしていただくことで介護保険利用者負担額免除証明書を交付します。免除証明書を介護サービス事業所等に提示いただくことで介護サービス利用料が免除となります。

対象者

坂戸市の被保険者で、令和元年台風第19号により、次のいずれかに該当する方

1 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災

2 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った

3 主たる生計維持者の行方不明

4 主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止した

5 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない

※国の示した基準に従い、車や家財は対象となりません。

減免の期間

令和元年10月から令和2年1月介護サービス分

※施設に入所されている方等の食費・居住費については、通常通り支払いが必要となります。

必要な書類

1 介護保険利用者負担額減額・免除申請書

2 り災証明書

介護保険利用者負担額減額・免除認定申請書 [PDFファイル/97KB]

 

 

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)