ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 高齢者福祉課 > 福祉用具購入費と住宅改修費の受領委任払

福祉用具購入費と住宅改修費の受領委任払

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

受領委任払について

 介護保険による住宅改修及び福祉用具購入は、利用者がいったん費用の全額を支払い、その後に申請をして7割から9割分の保険給付を受けるという、いわゆる償還払を原則としています。
 市では、利用者の一時的な負担を軽減するために、かかった費用の1割から3割分を支払うだけで、これらのサービスを利用することができる受領委任払を実施しています。
 この受領委任払を利用する場合は、施工業者または販売業者の同意が必要となります。
 なお、従来どおり、償還払の利用も可能です。

受領委任払を利用することができない方

 以下のいずれかに該当する方は、受領委任払を利用することはできません。

  1. 給付制限に該当する方または、給付制限を受けている方
  2. 受領委任払によるサービスを受ける時点で、要介護認定の申請中(新規申請、変更申請等)であるため、要介護度が決定していない方
  3. 入院中または介護保険施設に入所中の方

詳細については、担当のケアマネジャーまたは高齢者福祉課介護保険担当にお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)