ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 子育て > 保育園・認定こども園・幼稚園 > 保育園等における新型コロナウイルス感染症に関する対応
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス > 保育園等における新型コロナウイルス感染症に関する対応

保育園等における新型コロナウイルス感染症に関する対応

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年5月27日更新 <外部リンク>

保育園等における新型コロナウイルス感染症に関する対応について

家庭保育へのご協力について

(令和2年5月27日追記)

緊急事態宣言の解除を受け、家庭保育協力期間を令和2年5月31日(日曜日)をもって終了とし、令和2年6月1日(月曜日)より感染予防に留意したうえで通常開園とします。

つきましては、保育料及び公立保育園の給食費の日割り計算も令和2年5月31日(日曜日)をもって終了とします。保護者の皆さんにおかれましては、引き続きお子様の体調管理に十分お気をつけてください。

なお、今後の状況によって、再度家庭保育協力期間を設ける場合がございます。

 

緊急事態宣言後、仕事や家庭の状況により保育が必要なお子様のため、市内の保育園等は開園しておりますが、保護者の皆さんにおかれましては、感染拡大防止のため、家庭保育に可能な範囲での登園の自粛のご協力をお願い致します。なお、仕事や家庭の状況により利用されている方の登園を妨げるものではありません。

保護者の皆さんに向けた通知は次のとおりです。

新型コロナウイルス感染症に関する対応について(令和2年4月10日付け通知) [PDFファイル/59KB]

(令和2年5月5日追記)

緊急事態宣言等の延長に伴う対応について(令和2年5月5日付け通知) [PDFファイル/50KB]

 

家庭保育にご協力いただいた場合の保育料の日割り対応について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、対象期間にお休みしていただいた場合、保育料を日割りします。(休む理由は問いません。)

(令和2年5月5日追記)

緊急事態宣言期間の延長を受け、保育料の日割り計算の対象期間を令和2年5月31日(日曜日)まで延長します。

(令和2年5月27日追記)

緊急事態宣言の解除を受け、保育料の日割り計算の対象期間を令和2年5月31日(日曜日)をもって終了とします。

令和2年6月1日(月曜日)以降の保育料については、日割り計算の対象外となりますのでご注意ください。

対象期間 

 変更前 令和2年4月13日(月曜日)から令和2年5月6日(水曜日)まで

 変更後 令和2年4月13日(月曜日)から令和2年5月31日(日曜日)まで

 計算方法 日割り保育料(利用者負担額) = 月額保育料(利用者負担額) × この月の登園日数 ÷ 25

 申請方法 出席表を園に提出してください。

 出席表(R2.4.13からR2.5.6まで) [Excelファイル/2.06MB]

 出席表(R2.5.7からR2.5.31まで) [Excelファイル/2.06MB]

※令和2年4月12日以前の保育料は日割りの対象外となります。

※日割り計算による差額は、6月以降の保育料から差し引く対応をさせていただきます。金額は確定次第、追ってご案内します。

保護者の皆さんに向けた通知は次のとおりです。

令和2年度分保育料の算定と納付について(令和2年4月17日付け通知) [PDFファイル/56KB]

家庭保育にご協力いただいた場合の給食費(3歳児クラス以上)の日割り対応について

●公立保育園の場合

保育料と同様、対象期間内の登園日数により、日割り計算を行います。

また、給食費についても日割り計算の期間を延長します。

※令和2年4月12日以前の給食費は日割りの対象外となります。

※日割り計算による差額は、6月以降の給食費から差し引く対応をさせていただきます。金額は確定次第、追ってご案内します。

園へ提出する出席表は保育料と同じものをご利用ください。

公立保育園の保護者の皆さんに向けた通知は次のとおりです。

令和2年度分給食費の取扱いと納付について(令和2年4月17日付け通知) [PDFファイル/57KB]

 

(令和2年5月27日追記)

公立保育園の給食費の日割り計算についても、保育料と同様、令和2年5月31日(日曜日)をもって終了とします。

令和2年6月1日(月曜日)以降の給食費については、日割り計算の対象外となりますので、ご注意ください。

 

●民間保育園の場合

各施設にご確認ください。

 

今後の県内の感染状況等により、対象期間や対応が変更となる可能性があることをご承知おきください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)