ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ひとり親世帯臨時特別給付金

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年8月1日更新 <外部リンク>

制度概要

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、給付金を支給します。

児童扶養手当法に定める養育者の方も対象となります。

条件によって、必要なお手続きが異なります。下記の記載内容及び「制度概要チラシ」「支給要件フローチャート」をご参照ください。

なお、児童扶養手当及びひとり親家庭等医療費を受給中の方につきましては、現況届と併せて書類を郵送させていただきます。

各種申請書等につきましては、子育て支援課窓口にもご用意してあります。

制度概要チラシ [PDFファイル/592KB]       支給要件確認フローチャート [PDFファイル/519KB]

令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けた方

【基本給付】

◆支給額について

1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円を加算。

◆提出書類について

基本給付については、申請不要です。対象者には支払予定日を記載した通知をし、6月分の児童扶養手当の支給口座に振り込みます。

受給を拒否される方、口座の解約等により振込口座の変更を希望される方は、通知に記載した期限までに下記書類をご提出ください。

給付金受給拒否の届出書 [Excelファイル/26KB]  給付金支給口座登録等の届出書 [Excelファイル/35KB]

 

【追加給付】

◆支給額について

基本給付該当の方で、新型コロナウイルスの影響を受けて家計が急変し、収入が減少しているとの申出がある場合、1世帯5万円を追加で支給します。(申請日時点で居住している市町村への申請となります)

◆受付期間

令和2年8月3日から令和3年2月28日まで

◆提出方法

下記書類を子育て支援課へ持ってくるまたは郵送

追加給付申請書 [Excelファイル/44KB]

 

公的年金等を受給していることにより、児童扶養手当の支給が受けられない方

支給額について

令和2年6月分の児童扶養手当の支給要件に該当するが、年金等を受けていることにより児童扶養手当が全部停止(0円)になっている方や、年金等を受けているため児童扶養手当の申請をしていない方も支給対象となる可能性があります。

基本給付・追加給付ともに申請が必要です。(申請時点で居住する市町村で申請してください)

【基本給付】

1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円を加算。

【追加給付】

基本給付該当の方で、新型コロナウイルスの影響を受けて家計が急変し、収入が減少しているとの申出がある場合、1世帯5万円を追加で支給します。(申請日時点で居住している市町村への申請となります)

【収入の基準額】

申請者及び扶養義務者(同居親族)の平成30年中の収入が下表の範囲内である場合に給付金の対象となります。

収入判定表
扶養親族等の人数 支給対象者本人 扶養義務者等
(同居の親族)
0 3,114,000円 3,725,000円
1 3,650,000円 4,200,000円
2 4,125,000円 4,675,000円
3 4,600,000円 5,150,000円
4 5,075,000円 5,625,000円
5 5,550,000円 6,100,000円

申請について

【受付期間】

令和2年8月3日から令和3年2月28日まで

【提出方法】

子育て支援課へ持ってくるまたは郵送

【必要書類】

〇基本給付申請書【年金受給者用】

 基本給付申請書【年金受給者用】 [Excelファイル/63KB] 基本給付申請書【年金受給者用】記入例 [PDFファイル/585KB]

〇年金額のわかる書類(年金振込通知書等)

〇申請者の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)

〇振込口座を確認できる書類の写し(通帳、キャッシュカード等)

〇収入額申立書【年金受給者用】 収入額申立書【年金受給者用】 [Excelファイル/166KB]

※扶養義務者(18歳以上の同居親族)がいる場合は、扶養義務者全員分の申立書が必要です。必ず扶養義務者が直筆で署名してください。

〇申請者及び児童の戸籍謄本(児童扶養手当またはひとり親家庭等医療費の認定を受けている方は不要)

〇令和元年度(平成30年中)の所得証明書等

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当の受給者と同じ水準となっているひとり親世帯の方

支給額について

ひとり親の方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、児童扶養手当を受けられる水準まで収入が下がった場合に、1世帯5万円、第2子以降3万円を加算して支給します。

※児童扶養手当を申請しているが支給停止となっている方だけでなく、申請をしていない方も対象となる場合があります。

【基本給付】

支給を受けるには、申請が必要です。(申請時点で居住する市町村で申請してください)

※追加給付はありません

【収入の基準額】

申請者及び扶養義務者(同居親族)の収入見込が下表の範囲内である場合に給付金の対象となります。

※令和2年2月以降の月額の収入×12か月で判定します。(給料収入、年金収入、不動産収入、養育費などを合算)

収入判定表
扶養親族等の人数 支給対象者本人 扶養義務者等
(同居の親族)
0 3,114,000円 3,725,000円
1 3,650,000円 4,200,000円
2 4,125,000円 4,675,000円
3 4,600,000円 5,150,000円
4 5,075,000円 5,625,000円
5 5,550,000円 6,100,000円

申請について

【受付期間】

令和2年8月3日から令和3年2月28日まで

【提出方法】

子育て支援課へ持ってくるまたは郵送

【必要書類】

〇基本給付申請書【家計急変者用】

 給付金申請書(家計急変者用) [Excelファイル/63KB] 給付金申請書【家計急変者用】記入例 [PDFファイル/586KB]

〇申請者の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)

〇振込口座を確認できる書類の写し(通帳、キャッシュカード等)

〇収入見込額申立書【家計急変者用】 収入見込額申立書(家計急変者用) [Excelファイル/162KB]

※扶養義務者(18歳以上の同居親族)がいる場合は、扶養義務者全員分の申立書が必要です。必ず扶養義務者が直筆で署名してください。

〇申請者及び児童の戸籍謄本(児童扶養手当またはひとり親家庭等医療費の認定を受けている方は不要)

〇令和2年2月以降の任意の1か月の給料明細書、解雇通知等(直近の収入が分かるもの)

〇年金額のわかる書類(年金振込通知書等)※年金等を受給している方のみ

※給料明細、年金振込通知書等は、扶養義務者の分も必要となります。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)