ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農業振興課 > 平成26年度坂戸産農産物の放射性物質調査結果

平成26年度坂戸産農産物の放射性物質調査結果

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

埼玉県が実施している放射性物質の農産物等への影響調査において、坂戸産農産物の調査結果が公表されましたのでお知らせします。

公表日

品目

放射性物質(Bq/kg)

放射性セシウム134

放射性セシウム137

放射性セシウム計

5月23日

荒茶浸出液

<1.0

<1.0

-

7月11日

荒茶浸出液(二番茶)

<1.0

<1.0

-

8月21日

ブドウ

<5.6

<3.9

-

8月21日

米(玄米)

<4.5

<3.7

-

8月28日

イチジク

<5.9

<5.9

-

10月17日

さかどルーコラ

<6.0

<5.4

-

10月17日

すいおう

<3.9

<6.2

-

11月21日

ほうれん草

<4.8

<5.0

-

11月21日

小松菜

<4.9

<5.6

-

11月21日

白菜

<4.8

<4.4

-

(注)「<○.○」とは、検査機器で測定できる検出限界値(1.0から6.2Bq/kg)未満であることを示します。

※食品中の放射性物質の基準値

  • 一般食品 100Bq/kg
  • 飲料水 10Bq/kg

なお、坂戸産農産物以外の調査結果の詳細については、下記リンクを御参照ください。

放射性物質の埼玉県産農産物等への影響調査について<外部リンク>