ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策企画課 > 寄附金の税額控除

寄附金の税額控除

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

個人の方については、その納めた金額により、確定申告をすることで税額控除を受けられる場合があります。税額控除を受けるためには、原則として、寄附をした翌年に確定申告を行う必要があります。また、平成27年4月1日から「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の創設により、確定申告が不要な給与所得者等であることと、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合に限り、ワンストップ特例の適用を受けられます。詳しくは、下記リンク「総務省ふるさと納税ポータルサイト」をご覧いただくか、お近くの税務署または市町村役場住民税担当課へお問い合わせください。
総務省ふるさと納税ポータルサイト<外部リンク>

寄附金受領証明書について

寄附金受領証明書は、確定申告で寄附金の税額控除を行う際に必要となります。再発行はできませんので、確定申告の時期まで大切に保管してください。また、お申込み時の氏名、住所が記載されますので、お申込みの際にはお間違えのないようにお願いいたします。
発送については、寄附金の入金が確定してから順次対応しますので、寄附の日から約1か月半程度かかります。

ワンストップ特例申請書について

ワンストップ特例が適用されるには、確定申告が不要な給与所得者等であることと、ふるさと納税先団体が5団体以内であることが条件となります。申込時に、ワンストップ特例申請書の送付を希望された方には、寄附金受領証明書と同封して送付いたします。必要事項を記入いただき、押印のうえ、本人確認書類を同封して平成31年1月10日までに郵送してください。提出に係る費用は、申請者様のご負担となりますのでご了承ください。
なお、12月28日から31日の期間にお申込みの方については、1月4日に発送いたしますが、郵送事情等により1月10日までに提出が間に合わない事が想定されますので、こちらからダウンロードしてお使いいただくことをお勧めします。

ワンストップ特例申請に係る本人確認書類について

平成28年1月1日以降の寄附分から、ワンストップ特例申請書に個人番号(マイナンバー)の記入が義務付けられました。提出する際には、個人番号確認と本人確認ができる書類も併せて提出してください。詳細につきましては、下記の「個人番号確認と本人確認書類について」をご確認ください。
個人番号確認と本人確認書類について[PDFファイル/369KB]

申告特例申請事項変更届出書について

ワンストップ特例申請書を提出した方で、平成30年12月31日までに住所の変更があった場合には、下記の書類を平成31年1月10日までに提出してください。
寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書(様式第55号の6)[PDFファイル/223KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)