ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス > 新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目接種)

新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目接種)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2022年1月13日更新 <外部リンク>

令和4年1月13日現在の情報となります。今後の状況により内容が変更となることがあります。

初回接種(1・2回目接種)については下記リンクになります。

新型コロナウイルスワクチン初回接種(1・2回目接種)について

接種対象及び接種間隔について

接種の対象について

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の対象は、以下をすべて満たす方全員です。

  1. 2回目接種を完了した日から、下記の接種間隔を満たした方
  2. 18歳以上の方
  3. 日本国内での初回接種(1回目・2回目接種)又は初回接種に相当する接種(※)が完了している方

接種間隔について

新型コロナウイルスワクチンの接種間隔は2回目接種後8か月経過後の接種が原則ですが、下記の対象の方は接種間隔を前倒して接種が可能です。

新型コロナウイルスワクチン接種間隔
対象者 接種間隔
医療従事者等及び高齢者施設等の入居者等 2回目接種から6か月経過後
高齢者等 2回目接種から7か月経過後(※)
その他の方 2回目接種から8か月経過後

※高齢者等につきましては、令和4年2月以降初回接種の完了から7か月以上経過した後に追加接種を実施することができます。

※初回接種に相当する接種が完了している方について

  • 海外で2回接種した方
  • 在外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した方
  • 在日米軍従業員接種で2回接種した方
  • 製薬メーカーの治験等で2回接種した方

上記の方で、初回接種においてファイザー社ワクチン武田/モデルナ社ワクチンアストラゼネカ社ワクチンのいずれかを接種している場合に限ります。

特に接種をおすすめする方

  • 高齢者、基礎疾患を有する方などの「重症化リスクが高い方
  • 重症化リスクが高い方の関係者・介助者(介護従事者など)などの「重症化リスクが高い方との接触が多い方
  • 医療従事者などの「職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方

使用ワクチン

1回目・2回目に接種したワクチンに関わらず、ファイザー社製ワクチンまたは武田/モデルナ社製ワクチン(mRNAワクチン)を使用します。

追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ(厚生労働省作成) [PDFファイル/417KB]

接種時期について

新型コロナウイルスワクチンの追加接種は2回目接種を受けて従事者に対してからの時期及び対象により変わります。詳細については、下記の対応表をご確認ください。

接種時期対応表

2回目接種時期

3回目接種

(医療従事者等、

高齢者施設従事者等)

3回目接種

(高齢者等)

3回目接種

(その他の方)

令和3年4月 令和3年12月以降
5月 12月以降 令和4年1月以降
6月 12月以降 2月以降
7月 令和4年1月以降 2月以降 3月以降
8月 2月以降 3月以降 4月以降
9月 3月以降 4月以降 5月以降
10月 4月以降 5月以降 6月以降
11月 5月以降 6月以降 7月以降

接種券の送付について

接種可能月の前月に接種券を送付いたします。

新型コロナワクチン追加接種券発送予定
2回目接種月 接種券発送時期 3回目接種可能月
令和3年3月、4月 令和3年11月22日 令和3年12月
5月 令和3年12月15日 令和4年1月
6月 令和4年1月14日予定 2月
7月 2月 3月
8月 3月 4月
9月 4月 5月
10月 5月 6月
11月 6月 7月

坂戸市・鶴ヶ島市以外の医療従事者等及び高齢者施設等入居者・従事者の接種券の発行について

坂戸市・鶴ヶ島市以外の医療従事者等や高齢者施設等入居者・従事者等で新型コロナウイルスワクチンを6か月で前倒しして接種を行う予定のある方は接種券の発行をさせていただきますので、下記のとおり申請をお願いいたします。

※坂戸市及び鶴ヶ島市で従事、入居されている方は、各医療機関及び施設に通知を行っておりますので、申請は不要です。

対象者

  • 医療従事者等
  • 高齢者施設等の入居者・従事者
  • 通所サービス事業所等の利用者・従事者
  • 病院・有床診療所の入院患者

※坂戸市に住所がある方のみ対象です。

申請方法

下記の坂戸市電子申請・届出サービスより必要事項の入力をお願いいたします。

新型コロナウイルスワクチン医療従事者等の追加接種に係る接種券発行申請<外部リンク>

※申請完了後、発送まで1週間程度かかります。お急ぎの方は市民健康センターまで直接お問い合わせください。

ワクチンを2回接種した後に坂戸市へ転入された方へ

1回目・2回目接種をした後に坂戸市に転入された方は、接種券の送付を受けるため、坂戸市に申請が必要です。下記のとおり申請をお願いいたします。

  • 接種券は、接種可能月の前月に送付いたします。
  • 既に追加接種が可能な場合は、申請後、1週間程度で接種券を送付いたします。

※1回目・2回目を接種した時点で坂戸市民であった場合は申請不要です。

インターネット申請

下記の坂戸市電子申請・届出サービスより必要事項の入力をお願いいたします。

坂戸市追加接種(3回目接種)用の接種券発行申請フォーム<外部リンク>

電話申請

坂戸市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター(0570-066-001)で受付を行います。その際に、下記事項についてお伺いしますので、お手元に、1回目・2回目分の接種済証をご用意ください。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 1回目・2回目接種ワクチン
  • 1回目・2回目接種日

接種場所及び予約方法について

個別接種

市内の病院、診療所で接種を行う予定です。接種可能医療機関につきましては、下記リンクをご確認ください。

新型コロナウイルスワクチン接種可能医療機関

集団接種

令和4年2月5日より、坂戸市主催の集団接種を開設いたします。詳細につきましては、下記リンクをご確認ください。

新型コロナウイルスワクチン集団接種(追加接種分)について

接種するために必要な物

  1. 同封されている接種券付予診票
  2. 同封されている接種済証
  3. 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)

接種について

接種費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

接種を受ける際の同意

新型コロナウイルスワクチンの接種を受けることは強制ではありません。予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

住所地外接種届について

住民票所在地の市町村と実際に居住する市町村から異なり、実際に居住する市町村において接種を希望する場合は、あらかじめ手続きが必要です。下記のリンクより申請をお願いいたします。

住所地外接種届(コロナワクチンナビ)<外部リンク>

一人暮らしの学生さん必見!住民票を移していないばあいでも居住地でワクチン接種を受けられるの?(埼玉県作成) [PDFファイル/378KB]

問い合わせ

問い合わせの内容に応じて、国、県、市においてコールセンターを設置しています。

坂戸市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

接種できる医療機関の紹介、クーポン券の再発行依頼、集団接種会場での接種予約変更などを行います。

電話番号

0570-066-001(ナビダイヤル)

受付時間

毎日9時から17時まで(平日、土日祝日)

埼玉県新型コロナウイルスワクチン専門相談窓口

ワクチン接種に係る専門的な相談を受け付け、接種後3日経っても腫れているが、医療機関を受診した方がよいか等の副作用に関する相談等に対応します。

電話番号

0570-033-226(ナビダイヤル)

受付時間

毎日24時間受付

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

国民からのコロナワクチン施策の在り方等に関するご意見・問い合わせについて対応します。

電話番号

0120-761-770(フリーダイヤル)

※番号をお確かめの上、お間違えのないようご注意ください。

受付時間

9時から21時まで(土・日曜日、祝日も実施)

関連リンク

追加接種(3回目接種)についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

追加(3回目)接種に使用するワクチンについてのお知らせ(厚生労働省作成) [PDFファイル/417KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)