ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス > 「まん延防止等重点措置」等に基づく協力要請

「まん延防止等重点措置」等に基づく協力要請

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2021年4月30日更新 <外部リンク>

埼玉県における「まん延防止等重点措置」等に基づく協力要請について

国は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第31条の4第3項に基づき、埼玉県を重点措置区域とする公示を行い、あわせて基本的対処方針を変更しました。

これを受けて、埼玉県では県民に対し、以下のとおり協力要請を行いました。

坂戸市は重点措置を行うべき区域とはされていませんが、措置区域以外の特措法第24条第9項に基づく要請に基づき、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、市民の皆さんのご協力をお願いします。

まん延防止等重点措置の対象区域等

重点措置を行うべき区域

さいたま市及び川口市(令和3年4月16日に指定)

川越市、所沢市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市及び三芳町(新たに指定)

措置区域以外

措置区域を除く、埼玉県全域

実施期間

まん延防止等重点措置等(措置区域及び措置区域以外)

令和3年4月20日(火曜日)から令和3年5月11日(火曜日)まで

まん延防止等重点措置 終了後 (埼玉県独自の協力要請期間)

令和3年5月12日(水曜日)から令和3年5月19日(水曜日)まで

まん延防止等重点措置等の内容

特措法第24条第9項に基づく要請

  • 営業時間の短縮を要請した時間以降、飲食店に不要に出入りしないこと
  • 県境をまたぐ移動の自粛(特に、従来株より感染しやすい可能性がある変異株により感染が拡大している大都市圏等との往来自粛。加えて、大型連休等、人の移動が活発化する時期に際して、感染が拡大している地域との往来を控えること。)
  • 日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛(医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、通学、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要な場合を除く)
  • 混雑している場所や時間を避けて行動すること
  • 感染対策が徹底されていない飲食店等や営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用自粛

その他のお願い

  • 路上、公園などにおける飲酒などを控えること
  • 飲食を主として業としている店舗において、カラオケを行う設備を提供している場合、このカラオケ設備の利用自粛
  • ソーシャルディスタンスを確保し、マスクなしでの会話を避けること。特に平日・休日ともに混雑した場所での食事は控えること
  • 飲食の際は、昼夜を問わず「マスク飲食」「黙食」「個食」「静美食」「ランチの時もマスク」を徹底すること
  • 会食・飲み会は、できるだけ、同居家族以外ではいつも近くにいる4人まで(家族の場合や介助者を除く)、長時間にならないようにすること
  • マスク・手洗い・アルコール消毒・換気、三密回避を徹底すること
  • 買い物は、できる限り一人で行くこと

ゴールデンウイーク期間等における感染拡大防止への協力のお願い

ゴールデンウイーク期間等における感染拡大防止への協力のお願いとして、移動、往来、帰省等に関し、下記の事項が新たに示されました。

  • 帰省・旅行については延期又は自粛をお願いします。どうしても帰省する必要がある場合は、帰省までの間、感染リスクの高い場所に行くことを控えるなど、高齢者への感染に繋がらないように。
  • 不特定多数が集まる場(イベント・集客施設等)に行くことは、避けてください。
  • 外食は一人か同居家族(介助者を除く)だけで。同居家族以外との宅飲みも自粛を。買い物も一人で。

埼玉県におけるまん延防止等重点措置等に基づく協力要請について

飲食店の営業時間の短縮及び職場等における対策等につきましては、下記のリンクをご参照ください。

埼玉県におけるまん延防止等重点措置等に基づく協力要請について(埼玉県ホームページ)<外部リンク>