ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 坂戸市立市民健康センター > 市長メッセージ(令和2年8月)

市長メッセージ(令和2年8月)

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年8月17日更新 <外部リンク>

市民の皆様へ

市長メッセージ

5月25日に緊急事態宣言が解除され2か月が経過しました。外出自粛や休業要請が段階的に緩和され、本市においても、7月1日から市内公共施設を再開し、徐々に日常生活を取り戻しつつ、感染拡大の収束を願っておりましたが、東京都をはじめ、連日多くの感染者が発生しております。

本市におきましても、7月に9人の陽性者が確認されており、さらには、8月に入り市内の会社研修所において複数の感染が発生するなど、8月1日から16日までの間で16人の陽性者が確認されております。

市内で確認された陽性者につきましては、保健所において濃厚接触者の調査が行われ、必要な方に順次PCR検査を行っております。

感染リスクを減らすためには、「密集」「密閉」「密接」のいわゆる3密を避けることや、「手洗い」「うがい」「マスクの着用」とあわせ、「新しい生活様式」に基づいた感染予防対策が重要です。

8月に入り、夏本番を迎え、熱中症の危険も高まっています。室内ではエアコン等を適切に使用し、屋外において人との距離が十分とれる場合には、無理にマスクを着用しないなど、熱中症対策もあわせた対応が必要です。

全国で、感染に対する不安から、陽性者に対する差別や誹謗中傷が起こっています。差別や誹謗中傷は、決して許されるものではありません。

また、それを恐れて検査をためらったり、調査を拒否したりすることにより、更なる感染拡大を生む可能性があります。

新型コロナウイルス感染症は、だれでも感染する可能性があることを踏まえ、皆様には、相手を思いやる気持ちと冷静な行動をお願いします。

本市では、これまでと同様に市民の皆様が安全で安心な暮らしが送れるよう、埼玉県や関係機関と連携し、迅速で正確な情報提供に努めてまいりますので、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。

令和2年8月17

坂戸市長 石川 清