ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

お盆中の帰省について

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年8月7日更新 <外部リンク>

帰省する場合は、いつも以上の感染対策を

お盆休みにおいて帰省する場合、高齢者と接する機会や飲酒・飲食の機会も多くなることが考えられます。

帰省される場合は、自分にうつらないよう、他の人にうつさないよう、いつも以上の感染対策をお願いします。

特に高齢者への感染防止に注意

密閉・密集・密室の「3つ密」の回避、手指消毒、マスク着用、十分な換気などを徹底しましょう。

暑い日が続きますので、こまめに換気しながら適切にエアコン等を使用したり、人との距離が十分確保できる屋外ではマスクをはずすなど、熱中症対策も同時に行いましょう。

大人数での会食・飲み会は自粛

飲食を行うの際は、飛沫感染、接触感染のリスクが高くなります。大人数での会食・飲み会の自粛にご協力をお願いします。

また、少数であっても飲食店での大声の会話など、大声を出す行動の自粛をお願いします。

新しい旅のエチケットに留意

旅行連絡会(協力:国土交通省・観光庁)より、旅行者視点で感染防止のための留意点をまとめた「新しい旅のエチケット」が示されました

「新しい旅のエチケット」リーフレット [PDFファイル/948KB]

対策が難しい場合は、オンライン帰省も含め、慎重に検討

十分な感染対策を行うことができない場合は、オンラインによる帰省も含め、慎重に検討していただき、感染拡大防止にご協力をお願いします。

発熱等の症状がある方は、帰省は控えて

発熱や風邪の症状がある場合は、無理をせず外出は控えましょう。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)