ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 坂戸市立市民健康センター > 埼玉県知事からの4つのお願い

埼玉県知事からの4つのお願い

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年4月17日更新 <外部リンク>

埼玉県知事からの4つのお願い

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、国は4月7日、埼玉県を含む7都府県を対象に5月6日までを期間とする緊急事態宣言を発令しました。これを受け、埼玉県では緊急事態措置として次の4点を掲げています。

  1. 医療機関への通院や食料・衣料品・生活必需品の買い出し、通勤など、生活の維持に必要な場合を除き、不要・不急の外出を自粛し、「3つの密」(密閉・密集・密接)が重なる場への参加は控えていただきたいこと
  2. 50人以上のイベントや50人以下でも感染対策が徹底できない場合の自粛のほか、人の多い繁華街に立ち寄ったり、数名以上の会食などの集まりは取りやめるか延期していただきたいこと
  3. 県立の学校は5月6日まで休業とすること
  4. 生活物資の買い占めは控えていただきたいこと

緊急事態措置の実施から1週間が経ち、この1週間で見えてきた状況を踏まえ、改めて県民の皆さんに対し下記の4つのお願いが埼玉県知事よりありました。

飲食店での酒類の提供を午後7時までとするお願い

東京都では、飲食店の酒類の提供を、夜7時までとするよう要請しています。埼玉県の南部では飲酒を目的とする方々が東京から流入している状況が見受けられます。こうした人の流れを抑えていくため、本県においても飲食店における酒類の提供は4月17日から夜7時までとしていただけますようご協力をお願いいたします。

保育所、放課後児童クラブでの保育等の提供の更なる縮小検討のお願い

県内50以上の市町村が登園自粛等の呼びかけを行い、登園するお子さんの数もある程度減少していますが、県内や全国の保育所等での感染の広がりが報告されています。そこで、感染が拡大傾向にある市町村におきましては、可能な場合は、休園・休所も含め、保育等の提供の更なる縮小についてのご検討をお願いいたします。休園・休所の検討に当たっては、医療従事者や社会機能維持に必要な業種、ひとり親家庭など、仕事を休むことができない、そういった方々へのお子さんへの保育が提供されないことがないようにご対応をお願いいたします。

買い物に行かれる際にご留意いただきたいお願い

商店街やスーパーなどで多くの人が集まっている状況が今も見られます。県民の皆様には、生活必需品のお買い物をされる際にも、できるだけ少人数でお出かけいただくとともに、その際には人と人との距離を2メートル程度確保していただくようお願いいたします。

テレワーク及び在宅勤務推進のお願い

企業の皆様には、テレワーク、在宅勤務についてご協力をいただいています。出勤している方の7割削減に向け、テレワーク、在宅勤務の更なる拡大に向けて、ご協力をお願いいたします。