ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 坂戸市立市民健康センター > 高齢者の方へ 今年度はインフルエンザの予防接種を無料化します  

高齢者の方へ 今年度はインフルエンザの予防接種を無料化します  

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年10月1日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルスの症状とインフルエンザウイルスの症状は、発熱等似たケースが多く判別が難しいため、医療機関に多くの患者さんが受診し、負担が増大することが想定されます。そこで、多くの方にインフルエンザ予防接種を受けていただき、その流行を抑えることにより、コロナ禍での医療機関の負担を軽減させるとともに、高齢者の方の重症化を防ぐため、今年度に限り予防接種の費用を無料化します。

インフルエンザの予防にはワクチン接種が有効で、接種することで重症化を防げます。接種を受ける際は、あらかじめ実施医療機関へ予約し、説明書を読んだうえで接種してください。

インフルエンザ予防接種説明書 [PDFファイル/238KB]

インフルエンザはどんな病気ですか?

インフルエンザは、、咳やくしゃみにより空気中に広がったウイルスを吸い込むことによって感染する病気で、感染すると38度以上の発熱、頭痛、筋肉痛、全身の倦怠感悪寒などが突然現れ、いわゆる「風邪」に比べて強い全身症状がでます。特に高齢者などは肺炎を伴うなど、重症化しやすく「入院」や「死亡」の危険が高まります。

インフルエンザを予防する有効な方法は?

  1. 流行前の予防接種(例年11月下旬から12月にかけて流行期に入ります)
  2. 感染を広げないための咳エチケット
  3. 手洗いやアルコール製剤による消毒

接種対象者

  1. 坂戸市に住民登録のある、接種当日65歳以上の方(65歳以上とは、65歳の誕生日の前日から)
  2. 坂戸市に住民登録のある、接種当日60歳以上65歳未満の方で、心臓・じん臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害のある方で、おおむね身体障害者手帳1級程度の方(事前に医療機関へご相談ください)

接種期間

令和2年10月1日(木曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

接種場所

高齢者インフルエンザ実施医療機関 [その他のファイル/1.99MB]

個人負担金

今年度に限り無料(期間内1回のみ)

医療機関へお持ちいただくもの

  1. 健康保険証または後期高齢者医療被保険者証
  2. 予防接種記録(お持ちでない方は接種医療機関で受け取り、保管してください。)
  3. 坂戸市、鶴ヶ島市以外の医療機関で接種する場合は、坂戸市の予診票
    ※60歳以上65歳未満の方で、心臓・じん臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に重度の障害のある方(身体障害者手帳1級程度の方)は、1、2のほかに医師の診断書または身体障害者手帳の写しをお持ちください。

坂戸市・鶴ヶ島市以外の医療機関で接種したい方は?

坂戸市の予診票をお持ちになることで、埼玉県内の指定された医療機関で公費負担制度(無料での接種)を利用できます。

公費負担制度を利用できる坂戸市・鶴ヶ島市以外の医療機関については、市民健康センターへお問い合わせください。

坂戸市・鶴ヶ島市以外の医療機関で予防接種を行う際は、下記から予診票をダウンロード・印刷しお持ちください。

高齢者インフルエンザ予防接種予診票 [PDFファイル/241KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)