ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 災害に伴う国民年金保険料免除申請のご案内

災害に伴う国民年金保険料免除申請のご案内

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年4月1日更新 <外部リンク>

風水害等の災害で大きな被害を受けたことにより、国民年金保険料の納付が困難なときは、国民年金保険料の免除が受けられる場合があります。

制度を利用するためには、申請が必要です。申請後、日本年金機構により、罹災状況や本人・配偶者・世帯主の所得額などの審査が行われます。申請からおおむね3か月後に日本年金機構から審査結果が郵送されます。

申請できる方

次の条件すべてに該当する方が申請できます。

  • 震災・風水害・火災その他これらに類する災害により、被保険者、世帯主、配偶者または被保険者、世帯主若しくは配偶者の属する世帯の他の世帯員が所有している住宅、家財、その他の財産(住宅以外の建物、宅地、田畑、家畜、事業用の機械等)のうち、流出、全壊、半壊、全焼、半焼、一部焼失、土砂流入、浸水、冠水、土砂堆積等の被害を受け、その損害が最も大きい財産に係る被害金額(保険金、損害賠償金等により補充された金額を除く。)が、その価格のおおむね2分の1以上の損害を受けた方
  • 申請する時点で、坂戸市に住民登録されている(坂戸市に住民票を置いている)方 

免除の申請期間

罹災された日の前月分から翌年6月分まで

(台風19号による災害により申請される方は、令和元年9月分から令和3年6月分までが対象となります。ただし、令和2年7月分以降の申請につきましては、令和2年7月1日以降に改めて申請が必要となります。)

罹災されてから2年以内に申請してください。申請が遅れると障害年金が受け取れないなどの不利益が生じる場合がありますので、ご注意ください。

申請に必要なもの

  • 年金手帳(または基礎年金番号通知書)※年金手帳の代わりに、マイナンバーカードでも可能です。詳しくはこちらをご覧ください。  国民年金のマイナンバーによる届出・申請/soshiki/17/339.html
  • 罹災証明書の写し、または被害農林漁業者等と認定された被害認定書の写し
  • 保険金・損害賠償金額等を確認できる証明書の写し(保険金・損害賠償金などの支給を受けられる方は、必要になります。)
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 国民年金保険料・免除納付猶予申請書   国民年金保険料免除・納付猶予申請書 [PDFファイル/1.69MB]
  • 国民年金保険料免除・納付猶予申請に係る被災状況届   国民年金保険料免除・納付猶予申請に係る被災状況届 [PDFファイル/126KB]
  • 配偶者が別世帯の場合:配偶者のマイナンバーカード・マイナンバー通知カード・マイナンバーが記載された住民票の写し、いずれか1点
  • 代理人が申請する場合:委任状  委任状(国民年金)/soshiki/17/10424.html

 

申請場所

  • 坂戸市役所市民課国民年金係窓口
  • 川越年金事務所(川越市脇田本町15-13 東上パールビル3階)(電話:049-242-2657)

 

日本年金機構からのお知らせ 

令和元年台風19号により被害を受けられた皆さまへ、日本年金機構よりお知らせです。詳しくはこちらをご覧ください。

 日本年金機構ホームページ

日本年金機構リーフレット

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)