ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス > 新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告及び納付に係る期限の延長
トップページ > 分類でさがす > 事業者の方へ > 税(事業者向け) > 法人市民税 > 新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告及び納付に係る期限の延長

新型コロナウイルス感染症の影響による法人市民税の申告及び納付に係る期限の延長

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年4月22日更新 <外部リンク>

申告及び納付の期限延長

 新型コロナウイルス感染症の影響により、法人市民税の申告及び納付を期限内に行うことが困難な場合には、申告及び納付の期限を延長することができます。

申告及び納付の期限延長をする場合、どのような手続が必要となりますか。

 申告書の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」である旨を付記していただくこととしております(法人税の取扱いに準じています。)。

 このため、当初の申告期限以降に、申告書を提出する場合には、新型コロナウイルス感染症の影響による申告期限及び納付期限を延長する旨を次の方法で作成していただきますようお願いします。

 なお、この場合、申告期限及び納付期限は原則として申告書の提出日となります。

申告書を書面で提出する場合

 申告書の左上の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載してください。

 また、添付書類として、税務署に提出した申告書の写し(新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請の旨が記載されたもの)を添付してください。

申告書を電子(エルタックス)で提出する場合

 所在地の欄に続けて「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力してください。

 また、添付書類として、税務署に提出した申告書の写し(新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請の旨が記載されたもの)を添付してください。