ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 防災安全課 > 坂戸市避難行動要支援者支援全体計画

坂戸市避難行動要支援者支援全体計画

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2018年11月19日更新 <外部リンク>

近年、我が国では、阪神・淡路大震災、東日本大震災などの地震災害や異常気象が原因とみられる風水害などの自然災害により、多くの尊い命が奪われています。

東日本大震災では、亡くなられた方の約6割が65歳以上の高齢者であり、障害者で亡くなられた方は被災住民全体の死亡率の2倍以上でした。また、消防職員・消防団員の死者・行方不明者281人、民生委員の死者・行方不明者56人と、避難支援等関係者にも多くの犠牲者が発生してしまいました。

こうした教訓を踏まえて、国は平成25年6月に災害対策基本法を改正(平成26年4月施行)し、市町村に対して避難行動要支援者※の把握及び名簿の作成を義務付けするとともに、同年8月には「避難行動要支援者の避難行動支援に関する取組指針」を示しました。

※避難行動要支援者とは、要配慮者(高齢者、障害者、傷病者、子ども、外国人など、防災上特に配慮を要する方)のうち、災害発生時に自ら避難することが困難な方であって、その円滑かつ迅速な避難の確保を図るため特に支援を要する方

これを受けて市では、平成26年5月に「坂戸市災害時要援護者登録制度実施要綱」を「坂戸市避難行動要支援者名簿の作成等に関する要綱」に改正し、平成27年6月に「坂戸市避難行動要支援者支援全体計画」を策定しました。

この計画では、避難行動被支援希望者(避難行動要支援者で避難行動に第三者の支援を希望する方)登録台帳登録者には、地域支援者(自主防災組織、区・自治会、民生委員)が登録者との話し合いにより安否確認協力者を選任し、安否確認協力者には担当の登録者に対して、災害が発生した時は安否確認を、災害が発生するおそれがある場合には情報伝達を行っていただき、近所や地域支援者等による避難行動の支援や救出・救護等につなげていくことになっています。

坂戸市避難行動要支援者支援全体計画[2.11MB pdfファイル]

避難行動要支援者で避難行動に第三者の支援を希望する方は、「坂戸市避難行動要支援者支援全体計画」または下記を参考に登録申請をしてください。

「坂戸市避難行動被支援希望者登録台帳」への登録について

1 登録対象者

市内に在宅で生活する高齢者や障害者などの要配慮者のうち、災害が発生し、または災害が発生するおそれがある場合に自ら避難することが困難な方で、その円滑かつ迅速な避難の確保を図るため特に支援を要する方。

2 登録方法

登録を希望する方は、登録申請書に必要事項を記入し、下記市役所担当窓口へ提出してください。
なお、登録を希望する方が心身の障害等により前項の規定による申請を行うことが困難なときは、法定代理人または委任による代理人のほか、次に掲げる方が代理人として申請を行うことができます。

  1. 三親等内の血族
  2. 配偶者
  3. 三親等内の姻族
  4. 民生委員

市役所担当窓口

福祉総務課、高齢者福祉課、障害者福祉課

民生委員

民生委員・児童委員名簿[164KB pdfファイル]

3 登録にあたって

  1. 災害時の初動対応として迅速に避難行動被支援希望者の安否確認や避難誘導などを行うためには、区・自治会や自主防災組織など地域の方のご協力をいただく必要があります。そこで、登録台帳の情報を区・自治会や自主防災組織などの限られた方に提供することについて、あらかじめ同意していただきます。
  2. 避難行動被支援希望者の支援は、支援する側(支援者)の助け合いの精神に基づくもので、無理のない範囲内で支援をお願いしています。また、災害はいつ、どのような形で起こるか予測することはできません。災害の状況によっては、支援者の多くも被災者になることが考えられ、すぐに安否確認や避難誘導などを行うことができない場合もあります。この制度に登録することで、災害時の支援が必ず保障されるものではないこと、また、地域支援者が責任を負うものではないことをあらかじめご了承ください。
  3. 災害時の迅速な支援には、普段からの地域の人とのコミュニケーションが重要です。日頃から近所の人との交流を深め、支援が受けられる関係を築いておくことが大切です。

4 登録後のお願い

登録申請を提出後、次の場合には書類を提出してください。

5 個人情報の取扱い

申請していただいた個人情報については、市で適正に管理するとともに、情報の提供先においても同様な適正管理をお願いします。必要最小限の情報として提供し、更新の際、古い個人情報は回収します。

6 連絡・問い合わせ

防災安全課のほか、福祉総務課、高齢者福祉課及び障害者福祉課でもお受けします。

7 現在の登録者数

平成27年7月31日現在2,014名の方が登録しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)