ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災 > 防災マップ・避難所 > 埼玉県管理河川の水害ハザードマップ

埼玉県管理河川の水害ハザードマップ

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年10月5日更新 <外部リンク>

浸水想定区域の変更が公表された地区

河川の氾濫による人的被害を無くすため、埼玉県が管理する河川について、想定される最大規模の降雨(※)により氾濫した際の水害ハザードマップが公表されました。

高麗川は、大家五号堰(森戸橋下流)から上流が県管理部分となり、大字森戸、大字四日市場、大字多和目が対象です。

越辺川は、長岡堰上流部の鳩山町から上流が県管理部分となり、大字長岡、大字竹之内、にっさい花みず木、大字善能寺が対象です。

水害ハザードマップの内容
図面種類 内容 目的
浸水想定区域図 浸水が想定される区域、水深 住民避難
家屋倒壊等氾濫想定区域 氾濫流、河岸浸食による家屋の流失、倒壊の恐れがある範囲 避難の必要性の判断

※想定される最大規模の降雨とは、入間川流域の3日間総雨量740ミリメートルとしています。この想定雨量は、関東地方に降る可能性として、国が設定しました。

県管理河川(高麗川)水害ハザードマップ [PDFファイル/853KB] 浸水想定区域、家屋倒壊等氾濫想定区域(河岸浸食)が該当します。

県管理河川(越辺川)水害ハザードマップ [PDFファイル/483KB] 浸水想定区域図のみ該当します。

国が公表した浸水想定区域図をもとに、「坂戸市防災マップ」を平成29年3月に配付しましたが、令和2年度中に新たな防災マップを作成し、配布します。

浸水想定区域図

想定最大規模の降雨により河川が氾濫した場合に、浸水が想定される区域と水深を示したものです。洪水時の迅速な避難をするために作成されます。降っ雨が集まる範囲を流域として捉え、3日間で740ミリメートルの雨が降り、河川の様々な場所が決壊した想定で浸水状況を予測したものです。

家屋倒壊等氾濫想定区域

氾濫流と河岸浸食の2種類があります。

氾濫流は、堤防が決壊し、河川から流れ込む水の力で一般的な木造住宅が倒壊、流出する恐れがある区域で、早期の立ち退き避難が必要です。

河岸浸食は、河川の激しい流れにより川岸が削られ、土地が流失し、家屋の基礎を支える地盤が流出する恐れがある区域で、早期の立ち退き避難が必要です。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)