ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さかど子育て支援メニュー > 坂戸市不妊治療費助成事業

坂戸市不妊治療費助成事業

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2021年4月1日更新 <外部リンク>

坂戸市では、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)や男性不妊治療を受けた方で、一定の要件を満たす方に対して治療費の助成をしています。

埼玉県では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い「治療の延期」「所得の急変」があった場合、各種要件について特例が設けられています。また、令和3年1月1日以降に終了した治療を対象に助成制度の拡充がされています。新型コロナウイル氏感染拡大に関する取扱い等は、埼玉県ホームページ『埼玉県不妊治療費助成事業のご案内』をご確認ください。<外部リンク>

対象

埼玉県不妊治療費助成事業<外部リンク>による助成金の支給決定を受けた方で、次のすべての項目に該当する方

  • 夫婦の双方または一方が、市内に住所を有すること。(申請の時点で)
  • 夫婦の一方が、住所を有する市町村から、同一の不妊治療に対し同種の助成を受けていないこと

※法律上の婚姻をしている夫婦及び事実婚状態である夫婦が対象

助成対象経費

県助成金の対象となった不妊治療に要した費用から、県助成金の額を控除した金額とします。男性不妊治療に要した費用も助成の対象となります。

補助内容

  • 助成金の額は、夫婦1組につき、助成対象経費に、2分の1を乗じて得た額とし、1回につき、10万円を限度とします。
  • 初回の治療開始時の妻の年齢が35歳未満の夫婦には助成対象経費に対して上限10万円を助成します。
  • 男性不妊治療を行った場合、これとは別に、1回につき、5万円を限度に助成します。
  • 助成回数は、夫婦1組につき、年度内1回とし、通算して5年度を限度とします。

申請に必要なもの

窓口、または郵送での申請を受け付けます。

【提出書類】

【添付書類】

  • 埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し
     (埼玉県不妊治療費助成事業の申請で、保健所に提出する前に証明書をコピーしておいてください)
  • 埼玉県不妊治療費助成金支給決定通知書の写し
  • 不妊治療に係る領収書(郵送時は、写しを提出)

【持参するもの】

  • 助成金の振込先となる口座の通帳(確認用)
  • 印鑑

※郵送で申請する場合、ご夫婦2人分の写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポート等)のコピーの提出をお願いいたします。写真付きの身分証明書がない場合は、健康保険証や年金手帳など2つ以上コピーの提出をしてください。

 

申請書、請求書の記入例はこちら↓をご覧ください。

申請期限

助成金交付申請は、埼玉県不妊治療費助成事業の支給決定を受けた日の属する年度の3月31日までに行ってください。
ただし、埼玉県不妊治療費助成事業の支給決定を受けた日が2月1日から3月31日までの間にある場合は、翌年度の5月31日まで申請を行うことができますが、4月、5月の申請は、新年度の助成回数に計上します。

※審査の結果、交付要綱に合致している場合は、坂戸市不妊治療費助成金交付決定通知書を郵送し、指定された口座に助成金を振込みます。

詳しくは坂戸市立市民健康センター母子保健係までお問合せください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)