ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さかど子育て支援メニュー > 坂戸市不妊治療費助成事業

坂戸市不妊治療費助成事業

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

坂戸市では、不妊治療を受けた方を対象に、10万円を限度に1年度あたり1回、通算5年度まで、治療費を助成しています。

対象

埼玉県不妊治療費助成事業による助成金の支給決定を受けた方で、次のすべての項目に該当する方

  • 夫婦の双方または一方が、市内に住所を有すること。(申請の時点で)
  • 夫婦の一方が、住所を有する市町村から、同一の不妊治療に対し同種の助成を受けていないこと

助成対象経費

県助成金の対象となった不妊治療に要した費用から、県助成金の額を控除した金額とします。

補助内容

  • 助成金の額は、夫婦1組につき、助成対象経費に、2分の1を乗じて得た額とし、1回につき、10万円を限度とします。
  • 初回の治療開始時の妻の年齢が35歳未満のご夫婦には助成対象経費に対して上限10万円を助成します。
  • 助成回数は、夫婦1組につき、年度内1回とし、通算して5年度を限度とします。

申請に必要なもの

坂戸市不妊治療費助成金交付申請書(見本)[88KB pdfファイル] (窓口で記入していただきます。)には、次の書類を添付(1から3)及びお持ちください。

  1. 埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し(埼玉県不妊治療費助成事業の申請で、保健所に提出する前に、証明書をコピーしてお持ちください。)
  2. 埼玉県不妊治療費助成金支給決定通知書の写し
  3. 不妊治療に係る領収書の写し
  4.  助成金の振込先となる口座の通帳(確認用)
  5. 印鑑

申請期限

助成金交付申請は、埼玉県不妊治療費助成事業の支給決定を受けた日の属する年度の3月31日までに行ってください。
ただし、埼玉県不妊治療費助成事業の支給決定を受けた日が2月1日から3月31日までの間にある場合は、翌年度の5月31日まで申請を行うことができますが、4月、5月の申請は、新年度の助成回数に計上します。

※審査の結果、交付要綱に合致している場合は、坂戸市不妊治療費助成金交付決定通知書を郵送し、指定された口座に助成金を振込みます。

詳しくは坂戸市立市民健康センター母子保健担当までお問合せください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)