ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さかど子育て支援メニュー > 保育所等の入所手続き

保育所等の入所手続き

印刷ページ表示 大きな文字で印刷ページ表示 更新日:2020年12月3日更新 <外部リンク>

令和3年4月入所の申込受付は令和2年11月21日で終了しました。

保育所等の利用を希望する方は、保育の必要性に応じた教育・保育給付認定を受け、申込みをする必要があります。

教育・保育給付認定とは

子ども・子育て支援新制度では次の3つの区分の認定に応じて、施設(新制度へ移行した幼稚園、保育園、認定こども園等)の利用の必要性を認定します。

1号認定

3歳以上で教育を希望される場合、幼稚園、認定こども園の利用の必要性を認定します。

2号認定

3歳以上で保育を希望される場合、保育園、認定こども園の利用の必要性を認定します。保育の必要量により、保育標準時間(最長11時間)、保育短時間(最長8時間)の利用を認定します。

3号認定

3歳未満で保育を希望される場合、保育園、認定こども園、地域型保育の利用の必要性を認定します。保育の必要量により、保育標準時間(最長11時間)、保育短時間(最長8時間)の利用を認定します。

保育園とは

保育園は、保護者が就労・病気などの理由で保育を必要とする児童を、保護者に代わって保育する児童福祉施設です。

認定こども園とは

幼稚園と保育園の機能や特長を併せ持ち、教育と保育を一体的に行う施設です。

地域型保育とは

主に0歳児から2歳児までを対象とした定員19人以下の保育施設です。家庭的保育事業、小規模保育事業、事業所内保育事業、居宅訪問型保育事業の4つの類型があります。

入所資格

保育園等に入所できる児童は、主に下記のような事情により、保護者が家庭で児童を常時保育することができないことが基準になります。

  • 家庭の外で仕事をしている
  • 家にいるが児童とはなれて家事以外の仕事に従事している
  • 妊娠中または出産後間がない(産前6週・産後8週の間)
  • 病気、負傷、心身に障害を有している
  • 長期にわたり病人などの看護に常時あたっている
  • 家庭が災害などにより被害を受け、その復旧中である
  • 求職活動をしている(起業準備を含む)
  • 学校教育法に規定する学校、専修学校、各種学校または職業能力開発促進法に規定する職業訓練校等に在学している
  • 虐待やDVのおそれがあること
  • 育児休業取得時に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
  • 上記と同様な状態にあると市長が認める場合

申込書類などに基づき審査し、入所を必要とする程度の高い方から入所を決定します。

また、入所基準に該当しても各園の定員以上の申し込みがあった場合は、空きがでるまでお待ちいただくことになります。

入所手続き

保育所等の入所日は、原則各月1日です。申込みは入所を希望する月の前月10日(10日が閉庁日の場合は、翌開庁日)までに提出書類をそろえて、保育課窓口までお越しください。

※坂戸市外の保育園を希望する場合、市区町村ごとに締切日及び提出書類が異なります。あらかじめ希望先市区町村にご確認のうえお申込みください。

※坂戸市外からの申込希望の方は、原則として、現在お住まいの市区町村が申込みの受付窓口になります。申込みの前に、必ず坂戸市保育課へ利用申込をしたい旨をご連絡ください。

提出書類

  1. 保育所等入所申込書:児童1人につき1枚
  2. 教育・保育給付認定申請書:児童1人につき1枚、新園児のみ
  3. 確認票:児童1人につき1枚
  4. 保育を必要とする証明書(勤務証明書等):児童の父、母各1通ずつ
    ※申込児童が2人以上の場合、1人は原本、他は原本の写しでも可能です。
  5. 利用証明書:認可外施設等利用者のみ
  6. 誓約書:求職活動中・勤務内定・育児休業からの復帰予定の方のみ
  7. 個人番号(マイナンバー)確認書類及び身元確認書類(運転免許証等)

令和2年度 年度途中入所申込様式

令和3年度 年度途中入所申込様式

各年度共通様式

※認可外保育施設等(認可外保育施設・家庭保育室・事業所内保育施設・一時保育施設・市外認可保育施設等)を利用中の方は、「利用証明書」をご提出ください。

※家庭外労働以外の理由により入所を申し込む場合は、その理由により提出していただく書類が異なります。詳しくは保育課まで、お問合せください。

入所選考基準表

保育料

保育料は父母の市民税額合算額に基づき、坂戸市保育料徴収額表により算定します。
4月分から8月分までの保育料はその世帯の「前年度の市区町村民税額」、9月分から翌年3月分までの保育料は「当年度の市区町村民税額」により決定します。
なお、家庭の状況や家庭内の児童の人数によっては、保育料が軽減される場合があります。詳しくは保育課にお問合せください。

保育料は、月額であり、毎月1日現在で在園している方にその月分を納めていただきます。通園していない場合でも退園の手続きをしていないと保育料を支払っていただくことになりますのでご注意ください。

保育料の納入については、口座振替へのご協力をお願いしています。

教育・保育給付認定区分及び利用時間の変更を希望する場合は、事前に園と相談のうえ、教育・保育給付認定変更認定申請書をご提出ください。原則として、申請の翌月からの変更となります。

坂戸市保育料徴収額表 [PDFファイル/753KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)