「第1回高麗川の植生」

昨年度から実施してきた「高麗川の未来を考える」講座も2年目を迎えました。今年度第1回講座のテーマは「高麗川の植生」についてです。今回も昨年度に引き続き高麗川ふるさとの会の福島さんに講師をお願いし、楽しく実施することができました。

日時

平成27年4月19日(日曜日):午前10時から午後0時30分まで

場所

浅羽ビオトープ

活動報告

活動報告 [1403KB pdfファイル]

活動風景

春の土手で見られる小さな草花を観察している様子
春の土手で見られる小さな草花

「第2回越辺川を歩く」

越辺川を実際に歩き、京華中・高校教諭の渡辺先生から高麗川、越辺川、葛川のそれぞれの特徴や違いを説明していただきました。

日時

平成27年5月10日(日曜日):午前9時から正午まで

場所

越辺川、葛川、高麗川

活動報告

河川の特徴

  • 越辺川:流れが緩やかで、水が溜まりやすいためにコケ等が生えやすい。
  • 葛川:川の底に泥が多く、沼のようになっている。こういった場所でしか生息できない生き物がたくさんいる。
  • 高麗川:流れが速く、河原が広い地形になっている。
活動風景

越辺川東和田運動公園付近の様子の写真
越辺川東和田運動公園付近の様子

「第3回滝不動周辺の植生」

坂戸サワギキョウの会の萩原会長の案内で、現地を歩きながら滝不動周辺の植生について説明していただきました。

日時

平成27年6月28日(日曜日):午前9時30分から11時30分まで

場所

坂戸市四日市場  滝不動周辺

活動報告

当日は高麗川ふるさと遊歩道を中心に、滝不動周辺を萩原会長の案内で歩きながらの観察となりました。滝不動周辺は湧水が豊富で、いたるところで湧水が見られます。その影響で、ミゾホウズキ、ミヤマハコベ、ソバナ、ヤマトリカブトなど、坂戸のような低標高地では普通見られないような植物が観察できるのが特徴だそうです。他にも埼玉県レッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている種も多いそうです。

活動風景

コマツナギを観察している写真
コマツナギを観察

「第4回高麗川の昆虫」

「高麗川の河川敷で、環境トリニティの神尾宏司先生と一緒に昆虫採集を行い、高麗川の昆虫について説明していただきました。

日時

平成27年7月26日(日曜日):午前10時から正午まで

場所

高麗川の河川敷(戸口橋周辺)

活動報告

土手周辺の高茎草地で観察できた昆虫
カマキリ、バッタ6種、蝶6種、トンボ

河畔林で観察できた昆虫
テントウムシ、カメムシ、クサヒバリ等

活動風景

草地で昆虫採集を行っている写真
昆虫採集中の様子

「第5回高麗川の魚」

高麗川の中に入り、魚網を使い採取を行いました。そのあとに京華中・高校生物学教諭の渡辺昌和先生に採取した生き物の特徴等を教えていただきました。今回は城西大学の環境生命化学研究室の皆さんや日高市民の方々も参加し、良い交流の場にもなりました。

日時

平成27年8月23日(日曜日):午前9時30分から11時30分まで

場所

高麗川(戸口橋下流)

活動報告

観察できた生き物
オイカワ、アブラハヤ、モツゴ、カジカ、ジュズカケハゼ、トウヨシノボリ、シマドジョウ、スジエビ、ヌカエビ等

活動風景

捕った魚を説明している写真
魚の特徴等を説明している様子

第6,7回「水の恵みマップを作ろう」

「水の恵みマップ」は坂戸市及びその周辺の湧水、池、河川、水に関わる緑地などの場所と写真を貼り込み作成しました。また、その場所ごとに記録シートを作成し、ファイリングしました。完成したものは環境学館いずみに展示してありますので、興味のある方はぜひ見に来てください。大まかな内容についてはこちらをご覧ください。

日時

第6回目 平成27年9月13日(日曜日):午前10時から正午まで
第7回目 平成27年10月25日(日曜日):午前10時から正午まで

場所

第6回目 環境学館いずみ、高麗川の水源(おかねが井戸、池尻池)、鶴ヶ島新町の新町調整池など
第7回目  環境学館いずみ

活動報告

第6回目
記録シートの書き方について説明を受けた後、実際に高麗川の水源や調整池を観察し、記入シートに記入の練習をしました。
第7回目
今までに講座で行った場所の記録シートを作成し、その記録シートと市民の方が持ってきた記録シートを基に「水の恵みマップ」を作成しました。
完成した水の恵みマップ [800KB JPGファイル] 

活動風景

おかねが井戸を観察している写真
おかねが井戸での観察風景

 

「第8回高麗川をきれいにしよう&高麗川水利用の歴史」

荒川クリーン協議会主催の清掃活動に参加し、地域の方々と高麗川のゴミ拾いを行いました。ゴミ拾い終了後に環境学館いずみへ戻り、市長の挨拶の後、講師である大図口承氏に高麗川水利用の歴史について話をしていただきました。

日時

平成27年11月14日  土曜日
清掃活動:午前9時00分から10時00分まで
特別講座:午前10時30分から正午まで

場所

清掃活動:高麗川(粟生田大橋から高麗川大橋までの左岸側)
特別講座:環境学館いずみ

活動風景

【写真】この日の成果(いずみ担当区分)
この日の成果(いずみ担当区分)

第9回「荒川の自然環境の保全と創設」

国土交通省関東整備事務局、荒川河川事務所河川環境課長の大杉昌巳氏に荒川や高麗川の管理状況や問題等について話しをしていただきました。最後の質疑応答では参加者から多くの質問が飛び、1つ1つ丁寧に答えていただきました。

日時

平成28年1月24日(日曜日):午前10時から正午まで

場所

環境学館いずみ

活動内容

荒川の概要や自然環境について、高麗川の自然環境について、浅羽ビオトープについて

活動風景

講話を聴いている様子の写真
講話を聴いている様子

第10回「高麗川の野鳥」

日本野鳥の会の坂口稔氏、増尾隆氏を講師に浅羽ビオトープを歩きながらバードウォッチングを行い、野鳥やバードウォッチングのやり方について説明をしていただきました。

日時

平成28年2月14日(日曜日):午前9時から正午まで

場所

浅羽ビオトープ

活動内容

観察できた野鳥
コジュケイ、オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、バン、イカルチドリ、クサシギ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒラ、ウソ、シメ、イカル、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、(ドバト)

活動風景

観察風景の写真
野鳥の観察風景

「高麗川フォーラム」

平成27年度に「高麗川の未来を考える」の講師をしていただいた先生方をお呼びして、まとめのフォーラムを開催しました。高麗川を様々な角度から見ることにより、高麗川の魅力や問題等を改めて確認することが出来ました。

日時

平成28年3月13日(日曜日):午前9時30分から正午まで

場所

環境学館いずみ

活動内容

各先生ごとにそれぞれの分野から見た高麗川の環境等についてまとめの意見をいただきました。

活動風景

市長の挨拶の様子の写真
市長の挨拶の様子