九都県市首脳会議(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)では、合同の取組として、踏切安全対策等推進検討会を設置し、踏切の安全対策の推進を図っています。この検討会では、鉄道事業者へ踏切の安全対策等の申入れを行うとともに、1月を「九都県市一斉踏切安全啓発月間」と定め、踏切の安全利用の向上を図るための啓発を実施することになりました。

実施期間

平成30年1月1日から平成30年1月31日まで

踏切横断のルールを守りましょう!

  1. 警報機が鳴ったら、踏切内に入らない。

  2. 踏切の前では、必ず「安全確認」。

また、「歩行者が渡り切れない」、「自動車が取り残された」など、踏切内のトラブルの際には、迷わず非常ボタンを押しましょう。

九都県市一斉踏切安全啓発月間啓発チラシ [703KB pdfファイル]