医療費控除の特例(セルフメディケーション税制)

概要

健康増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に、自己又は生計を一にする親族に係るスイッチOTC医薬品※を購入した場合に、その購入費用のうち1万2千円を超える額について、所得控除を受けることができるものです。(8万8千円が控除の限度)

※スイッチOTC医薬品 医師によって処方される医療用医薬品から、ドラッグストアなどで購入できる医薬品に転用されたものです。一部の製品については、パッケージやレシートに対象である旨が記載されています。

詳しい内容及び対象医薬品については、厚生労働省のホームページを御覧ください。

厚生労働省ホームページ

医療費控除の特例の対象者

控除を適用する年中に、健康増進及び疾病の予防への取組として下記の取組を行った方(健診等を受けたことが分かる書類の添付又は提示が必要です。)

  1. 特定健康診査
  2. 予防接種
  3. 定期健康診断
  4. 健康診査
  5. がん検診

※上記にかかった費用は、治療ではないので医療費控除の対象ではありません。

申告に必要な書類

注意点

  • この特例を受けるときは、医療費控除を受けることができません。