ページの先頭です 本文へスキップ

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム坂戸市

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

【埼玉県風しん抗体検査】先天性風しん症候群を防ごう!

先天性風しん症候群とは

抗体を持たない女性が妊娠初期に風しんにかかると、心疾患や白内障、難聴など「先天性風しん症候群」の子どもが生まれることがあります。

風しんウイルスに感染すると

症状は不顕性感染から、重篤な合併症併発まで幅広く、特に成人で発症した場合、高熱や発しんが長く続いたり、関節痛を認めるなど、小児より重症化することがあります。

風しんを防ぐには

風しんの予防のためには、予防接種が最も有効な予防方法といえます。予防接種法に基づく定期の予防接種については、2回の接種を受けていただいています。

現在、関東地方において風しんの届出数が増加しています。定期接種の対象者だけではなく成人も風しんの罹患歴や予防接種歴が明らかでない場合は予防接種を検討してください。また、特に妊娠中の方の感染を予防するため、次のような方は接種を検討してください。

  1. 妊婦の夫、子どもその他の同居の家族
  2. 10歳代後半から40歳代の女性(特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性が高い方)
  3. 産褥早期の女性

埼玉県では風しん抗体検査を無料で受けられます

風しんは予防接種で予防可能な感染症ですが、妊娠中は予防接種をすることができません。まずは、風しんの予防接種が必要かどうかを調べる「風しんの抗体検査」を受けましょう。

対象者

県内市町村に住民登録がある方で、

  1. 妊娠を希望する16歳以上50歳未満の女性とその配偶者
  2. 「妊婦健診等の結果、抗体価が低いと判明した妊婦」の配偶者

詳しくは、埼玉県風しん抗体検査

 このページを印刷する - 【埼玉県風しん抗体検査】先天性風しん症候群を防ごう!  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

平成30年10月1日現在  人口  101,227人[+66人]  / 世帯  45,751世帯[+63世帯]  ※[ ]内は前月比
※詳しくは統計データのページをご覧ください。

坂戸市役所  〒350-0292  埼玉県坂戸市千代田1-1-1  【坂戸市へのアクセス
電話:049-283-1331  Fax:049-283-3903

Copyright © SAKADO CITY. ALL RIGHTS RESERVED.