ページの先頭です 本文へスキップ

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム坂戸市

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

未熟児養育医療給付

身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とする方に対して、その治療に必要な医療費の一部を市が負担する制度です。

養育医療給付を受けることができるのは、全国の指定養育医療機関での治療に限られます。

対象者

次の項目全てに該当するお子さんが対象となります。

指定養育医療機関

埼玉県内の指定医療機関はこちらでご確認ください。

※県外の指定養育医療機関については、市民健康センター母子保健担当にお問い合わせください。

給付対象治療

指定養育医療機関で行う未熟児の治療のうち、次のものが対象となります。

  1. 診察
  2. 薬剤又は治療材料の支給
  3. 医学的処置、手術及びその他の治療
  4. 病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護
  5. 移送(治療のため入院している医療機関を変更する場合)

申請手順

申請期限はおおむね出生後2週間以内が目安となります。なお、書類がそろわないなどの理由がある場合には、事前にご相談ください。

申請書類

  1. 養育医療給付申請書 [88KB pdfファイル] (記入見本 [105KB pdfファイル] )
  2. 世帯調書兼同意書 [102KB pdfファイル] (記入見本 [135KB pdfファイル] )
  3. 委任状 [59KB pdfファイル] (記入見本 [71KB pdfファイル] )
  4. 養育医療意見書 [110KB pdfファイル] 
  5. 養育医療を申請される方へ [106KB pdfファイル]
  6. 所得税額を証明する書類(詳しくはこちらをご覧ください)
  7. 扶養義務者の健康保険証
  8. お子さんの健康保険証・こども医療費受給資格証
  9. マイナンバー(個人番号がわかるもの)
  10. 印鑑

※マイナンバー(個人番号)の記載について

通知カードと次の本人確認書類(注)又は、個人番号カードをお持ちください。

(注)写真付きの本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)は1点

写真付きの身分証明書がない場合は健康保険証や年金手帳など2つ以上提示してください。

申請内容の変更について

保険証や医療機関の変更がある場合は、事前に坂戸市立市民健康センターへご連絡ください。

 

所得税を証明する書類について

養育医療給付申請にあたり、扶養義務者と生計同一家族(扶養を受けている家族は、提出不要)の平成29年分所得税額等関係証明書(原本)が必要となりますので、下記のいずれかを提出してください。

平成29年分所得税額等関係証明書

  1. 平成29年 源泉徴収票(手書きの場合は、社印ありのもの)
    所得税額が0円の場合は、課税証明書か非課税証明書が必要(ただし、「住宅借入金等特別控除」がある場合は添付不要)
  2. 平成30年度 市町村民税課税証明書(平成29年分 所得証明書)
  3. 生活保護受給証明書
 このページを印刷する - 未熟児養育医療給付  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

平成30年10月1日現在  人口  101,227人[+66人]  / 世帯  45,751世帯[+63世帯]  ※[ ]内は前月比
※詳しくは統計データのページをご覧ください。

坂戸市役所  〒350-0292  埼玉県坂戸市千代田1-1-1  【坂戸市へのアクセス
電話:049-283-1331  Fax:049-283-3903

Copyright © SAKADO CITY. ALL RIGHTS RESERVED.