ページの先頭です 本文へスキップ

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム坂戸市

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

介護サービスの種類

介護サービス(要介護1から5の方へのサービス)

居宅サービス

家庭を訪問するサービス
  • 訪問介護
    ホームヘルパーが訪問し、介護や家事の援助を行います。
  • 訪問入浴介護
    浴槽を積んだ入浴車で訪問し、入浴の介護を行います。
  • 訪問看護
    看護師や保健師などが訪問し、療養の世話や診療の補助などを行います。
  • 訪問リハビリテーション
    理学療法士や作業療法士などが訪問し、リハビリテーションを行います。
  • 居宅療法管理指導
    医師、歯科医師、薬剤師や管理栄養士などが、薬の飲み方、食事など療養上の管理や指導をいます。 
日帰りで通うサービス
  • 通所介護(デイサービス)
    デイサービスセンターなどで、食事や入浴などの介護サービスや機能訓練を日帰りで行います。
  • 通所リハビリテーション(デイケア)
    介護老人保健施設、病院や診療所で、リハビリテーションを日帰りで行います。
施設へ短期間入所するサービス
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)
    介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などで食事、入浴や排せつなどの介護サービスや機能訓練を泊まりがけで行います。
  • 短期入所療養介護(ショートステイ)
    介護老人保健施設などで医学的な管理のもと、医療、介護やリハビリテーションを泊りがけで行います。
 施設に入って利用する居宅サービス
  • 特定施設入居者生活介護
    有料老人ホームなどで食事、入浴などの介護やリハビリテーションが利用できます。

施設サービス

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
    寝たきりなどで必要な介護を受けることができない方に、介護や日常生活上の世話などを行います。 平成27年4月より、施設への入所が原則要介護3以上の方に限定されました。
  • 介護老人保健施設
    リハビリテーションを中心とする医療ケア、介護や日常生活上の世話などを行います。
  • 介護療養型医療施設
    長期間にわたり療養が必要な方が対象の介護体制の整った医療施設(病院)です。「療養病床」「老人性認知症疾患療養病棟」があります。

介護予防サービス(要支援1・2の方へのサービス)  

居宅サービス  

家庭を訪問するサービス
  • 介護予防訪問介護
    ホームヘルパーが訪問し、利用者が自分でできることが増えるように食事などの支援を行います。
  • 介護予防訪問入浴介護
    浴槽を積んだ入浴車で訪問し、入浴の介護を行います。
  • 介護予防訪問看護
    看護師や保健師などが訪問し、介護予防を目的とした診療の補助などを行います。
  • 介護予防訪問リハビリテーション
    理学療法士や作業療法士などが訪問し、リハビリテーションを行います。
  • 介護予防居宅療法管理指導
    医師、歯科医師、薬剤師や管理栄養士などが、薬の飲み方、食事など療養上の管理や指導を行います。    
日帰りで通うサービス
  • 介護予防通所介護(デイサービス)
    デイサービスセンターなどで、食事や入浴などの介護サービスや機能訓練を日帰りで行います。
  • 介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
    介護老人保健施設、病院や診療所で、リハビリテーションを日帰りで行います。 
 施設へ短期間入所するサービス
  • 介護予防短期入所生活介護(ショートステイ)
    介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)などで食事、入浴や排せつなどの介護サービスやリ機能訓練を泊まりがけで行います。
  • 介護予防短期入所療養介護(ショートステイ)
    介護老人保健施設などで医学的な管理のもと、医療、介護やリハビリテーションを泊りがけで行います。 
施設に入って利用するサービス
  • 介護予防特定施設入居者生活介護有料老人ホームなどで食事、入浴などや生活機能の維持向上のためのリハビリテーションが受けられます。

福祉用具の貸与や購入費の補助、住宅改修費の補助
(要介護1から5、要支援1・2の方へのサービス)

福祉用具貸与(介護予防福祉用具貸与)

 介護に必要となる福祉用具を貸し出します。対象となるのは、次の12種類です。

  1. 車いす

  2. クッション、電動補助装置などの車いす付属品

  3. 特殊寝台

  4. マットレス、サイドレールなど特殊寝台付属品

  5. 床ずれ予防用具

  6. 体位変換器

  7. 手すり

  8. スロープ

  9. 歩行器

  10. 歩行補助つえ

  11. 徘徊感知機器

  12. 移動用リフト(吊り具を除く)

  13. 自動排せつ処理装置


※ 要支援1・2の方、要介護1の方は利用できる品目が限られます。  

 

福祉用具購入(介護予防福祉用具購入)

 利用限度額は、年間10万円までです。指定事業者から購入する必要があります。一旦全額負担していただき、申請に基づき8割又は9割分を補助します。対象となる用具は次の5種類です。

  1. 腰掛便座
  2. 特殊尿器 (自動排せつ処理装置の交換部品)

  3. 入浴補助用具(入浴用いす、浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴用介助ベルト等)

  4. 簡易浴槽

  5. 移動用リフトのつり具の部分

 ※ 指定を受けていない事業者から購入した場合は、支給の対象になりませんのでご注意ください。

居宅介護住宅改修(介護予防住宅改修)

 利用限度額は、20万円までです。指定された事業者はありませんので、どこに改修を依頼してもかまいませんが、事前に申請が必要となります。また、ケアマネジャー等が作成する理由書等が必要となります。一旦全額負担していただき、申請に基づき8割又は9割分を補助します。対象となる改修は次の6種類です。 

  1. 手すりの取付け
  2. 段差の解消 

  3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更

  4. 引き戸等への扉の取替え

  5. 洋式便器等への便器の取替え

  6. その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

地域密着型サービス (要介護1から5、要支援1・2の方へのサービス)

 小規模多機能型居宅介護(介護予防小規模多機能型居宅介護)

  • 小規模な住宅型の施設で、日帰りを中心としながら訪問、短期間の宿泊などを組み合わせて食事、入浴などの介護サービスが受けられます。 

認知症対応型通所介護(介護予防認知症対応型通所介護)

  • 認知症の高齢者が食事、入浴などの介護サービスやリハビリテーションを日帰りで行います。  

認知症対応型共同生活介護(介護予防認知症対応型共同生活介護)

  •  認知症の高齢者が共同で生活できる場(住居)で食事、入浴などの介護サービスやリハビリテーションを行います。(要支援1の方はご利用になれません)

夜間対応型訪問介護

  • ヘルパーによる夜間の定期巡回や、緊急時に対応できるように24時間態勢での随時訪問を行います。(要支援1・2の方はご利用になれません)

地域密着型介護老人福祉施設サービス

  • 常に介護が必要で自宅では介護が受けることができない方を対象として、定員30人未満の小規模な施設で食事、入浴などの介護や健康管理を受けられます。(要支援1・2の方はご利用になれません)

地域密着型特定施設入居者生活介護

  • 定員30人未満の小規模な介護専用の有料老人ホームなどで食事、入浴などの介護サービスやリハビリテーションを行います。(要支援1・2の方はご利用になれません) 
 このページを印刷する - 介護サービスの種類  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

平成30年1月1日現在  人口  101,338人[-104人]  / 世帯  45,316世帯[-39世帯]  ※[ ]内は前月比
※詳しくは統計データのページをご覧ください。

坂戸市役所  〒350-0292  埼玉県坂戸市千代田1-1-1  【坂戸市へのアクセス
電話:049-283-1331  Fax:049-283-3903

Copyright © SAKADO CITY. ALL RIGHTS RESERVED.