ページの先頭です 本文へスキップ

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム坂戸市

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

住民税Q&A(年金編)

公的年金の収入は、雑所得として課税の対象となります。ただし、遺族年金・障害年金等は非課税となります。年金の所得は、年齢と収入により、決められた計算式によって自動的に算出されます。

遺族年金は課税されますか? また所得はどうなりますか?

質問

昨年の収入は、150万円ほどの遺族年金だけです。住民税は課税されますか? また、会社に勤務している娘がいますが、娘の扶養親族になることはできますか?

回答

遺族年金は非課税所得になりますので、住民税の課税対象となりません。また、所得税や住民税を計算する上では娘さんの扶養控除対象となります。

なお、娘さんの社会保険(健康保険)の扶養については、所得税や住民税でいう「扶養」と解釈が異なり、非課税所得も収入となりますので、娘さんの勤務先へ御確認ください。

障害年金は課税されますか? また所得はどうなりますか?

質問

身体障害者手帳で3級になっています。昨年の収入は障害年金150万円と、アルバイト収入が100万円です。住民税は課税されますか? また、会社に勤務している息子がいますが、息子の扶養親族になることはできますか?

回答

障害年金は、非課税所得になりますので、住民税の課税対象となりません。

また、アルバイト収入100万円に対する所得は35万円になりますが、障害者控除が適用されるため、所得が125万円以下になりますので、非課税となります。次に息子さんの扶養親族については、所得税や住民税を計算する上では、扶養控除対象となります。

なお、息子さんの社会保険(健康保険)の扶養については、所得税や住民税でいう「扶養」と解釈が異なり、非課税所得も収入となりますので、息子さんの勤務先へ御確認ください。

遡って受け取った年金はどう申告するのですか?

質問

昨年の5月に、一昨年分まで遡って年金100万円を受け取りました。この100万円は今年分の収入ということになりますか?

回答

遡及して支払いを受けた年金については、本来支払いを受けるべき年分の収入となりますので、今年分の収入とはなりません。

また、このような場合、年金の支払者から支払われるべき年分ごとに源泉徴収票が支払者から送られてきますので、所得税の税額に変更のある場合は、税務署へ申告してください。

なお、市町村へは、年金の支払者から支払報告書が届きますので、それを基に税額の再計算をします。

 

年金を返還した場合はどうなりますか?

質問

今年の1月に、過去に支払われた年金が過払いだったとして50万円ほど返還しました。この50万円は、どのように申告したらよいでしょうか?

回答

過去に支払れた年金の過払い分については、過払が生じた年分ごとに再計算することになります。

このような場合、年金の支払者から過払いが生じた年分ごとに源泉徴収票が支払者から送られてきますので、所得税の税額に変更のある場合は、税務署へ申告してください。

なお、市町村へは、年金の支払者から支払報告書が届きますので、それを基に税額の再計算をします。

 

収入が公的年金しかなくても申告は必要ですか?

質問

1人暮らしで、公的年金収入のみで生活しています。所得税は源泉徴収されていません。年金収入額は市役所に報告されると聞きましたので、私は申告をする必要がないと思いますが、どうでしょうか?

回答

年間の収入が公的年金収入のみで所得税の源泉徴収税額のない方で住民税申告書を提出しなくてもよい方については、以下に該当する方となります。

  1. 公的年金収入から所得が発生しない方
  2. 公的年金収入から生じる所得が28万円以下の方(非課税の方)
  3. 源泉徴収票で控除されている社会保険料以外に追加する所得控除がない方

これ以外の方は、申告をいただかないと所得控除の内容が把握できないため、税額が高くなることがあります。

 

質問

公的年金から特別徴収される税金があるのですが、納税通知書や口座振替で納めることは選択できますか?

回答

公的年金からの住民税の特別徴収は、その年の4月1日現在で65歳以上の方全てが特別徴収の対象者となります。御本人の意思で選択することはできません。

 

質問

公的年金の所得以外に不動産所得があるのですが、不動産所得に係る住民税についても年金から特別徴収されますか?

回答

公的年金以外の所得に係る住民税は、年金からの特別徴収の対象とはなりません。不動産所得に係る住民税については、普通徴収により納めていただくことになります。

 

質問

公的年金の所得以外に給与所得があり、給与所得に係る住民税は給与から特別徴収になっています。公的年金の所得に係る住民税についても給与からまとめて特別徴収できますか?

回答

その年の4月1日現在で65歳未満の方であれば可能です。しかし、65歳以上の方は、公的年金から特別徴収することになりますので、給与からの特別徴収はできません。

 

質問

2か所から公的年金を受給していますが、それぞれの年金から特別徴収されるのですか?

回答

対象となる年金が2つ以上ある場合には、所定の優先順位に基づき、最も順位の高い年金から特別徴収されることとなっています。順位については、以下のとおりです。

  1. 国民年金法による老齢基礎年金
  2. 旧国民年金法による老齢基礎年金または通算老齢年金
  3. 旧厚生年金保険法による老齢年金、通算老齢年金または特例老齢年金
  4. 旧船員保険法による老齢年金または通算老齢年金
  5. 旧国共済法等による退職年金、減額退職年金または通算退職年金(厚生年金保険等の一部を改正する法律(平成8年法律第82号)附則第3条第8号に規定する旧適用法人共済組合が支給するものに限る。)
  6. 旧国共済法等による退職年金、減額退職年金または通算退職年金(5に掲げる場合を除く。)
  7. 移行農林年金退職年金、減額退職年金または通算退職
  8. 旧私学共済法による退職年金、減額退職年金または通算退職年金
  9. 旧地共済法等による退職年金、減額退職年金または通算退職年金

※年度途中に優先順位の高い年金を新たに受給した場合でも、翌年の9月30日までは、特別徴収する年金は変わりません。

 このページを印刷する - 住民税Q&A(年金編)  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

平成30年1月1日現在  人口  101,338人[-104人]  / 世帯  45,316世帯[-39世帯]  ※[ ]内は前月比
※詳しくは統計データのページをご覧ください。

坂戸市役所  〒350-0292  埼玉県坂戸市千代田1-1-1  【坂戸市へのアクセス
電話:049-283-1331  Fax:049-283-3903

Copyright © SAKADO CITY. ALL RIGHTS RESERVED.