ページの先頭です 本文へスキップ

Easy Web Browsing 起動ボタン

ホーム坂戸市

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

木造住宅の耐震診断及び耐震改修補助金交付制度のご案内

 耐震診断補助の概要

補助対象住宅

   昭和56年5月31日以前に着工された木造で2階建て以下の一戸建ての住宅(店舗等の用途を兼ねるものでその用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1未満のものを含む)

補助対象者

   補助対象住宅を所有し、かつ、過年度の市税の滞納がない方

補助対象となる耐震診断

   財団法人日本建築防災協会の「木造住宅の耐震診断と補強方法」又はこれと同等の耐震診断方法により、建築物の地震に対する安全性を調査する診断 

耐震診断を行う者

   建築士法の規定により登録を受けている建築士事務所に所属している建築士

補助金額

   住宅1戸につき耐震診断に要した費用とし、13万円を限度とします。

様式等

 耐震改修補助の概要

補助対象住宅

   次のいずれにも該当する住宅

  • 昭和56年5月31日以前に着工された木造で2階建て以下の一戸建ての住宅(店舗等の用途を兼ねるものでその用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1未満のものを含む)
  • 耐震診断により安全性の総合評価が1.0未満と判定されたもの

補助対象者

   補助対象住宅を所有し、かつ、過年度の市税の滞納がない方

補助対象となる耐震改修

   耐震診断による総合評価が1.0未満で、建築士が当該評価が1.0以上になるように行った改修設計に基づき、建設業者が工事を実施する場合

耐震改修を行う者

   建設業法に規定する建設業者

補助金額

   住宅1戸につき耐震改修に要した費用に23パーセントを乗じて得た額(1,000円未満の端数切り捨て)に30万円を加えて得た額(その額が耐震改修に要した費用の額を超えるときは、当該耐震改修に要した費用の額(1,000円未満の端数切り捨て))とし、60万円を限度とします。

様式等
 このページを印刷する - 木造住宅の耐震診断及び耐震改修補助金交付制度のご案内  戻る  ページの先頭

このカテゴリー内の他のページ

  1. 木造住宅の耐震診断及び耐震改修補助金交付制度のご案内
  2. 火葬場使用補助金
  3. 家庭用生ごみ処理器等補助制度
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

平成28年5月1日現在  人口  101,540人[+220人]  / 世帯  44,541世帯[+215世帯]  ※[ ]内は前月比

坂戸市役所  〒350-0292  埼玉県坂戸市千代田1-1-1  【坂戸市へのアクセス
電話:049-283-1331  Fax:049-283-3903

Copyright © SAKADO CITY. ALL RIGHTS RESERVED.